ニュース

iPad mini Retinaモデル発売開始。アップル正式発表。Cellularは16GB 55,800円〜

iPad mini Retinaディスプレイモデル

 アップルは12日、7.9型タブレット「iPad mini」新モデルとして、ディスプレイを2,048×1,536ドットに高精細化した「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を販売開始した。オンラインのApple Storeではすでに販売開始されており、Wi-Fiモデルの価格は16GBが41,900円、32GBが51,800円、64GBが61,800円、128GBが71,800円。12日にニュースリリースも出され、発売開始が正式発表された。カラーはスペースグレイ、シルバーの2色。

 また、Wi-Fi+Cellularモデルもソフトバンク、auから発売予定。価格は16GBモデルが55,800円、32GBが65,800円、64GBが75,800円、128GBモデルが85,800円。

iPad mini Retina(スペースグレイ)
iPad mini Retina(シルバー)

 iPad mini Retinaでは解像度が2,048×1,536ドットに高精細化(従来のiPad miniは1,024×768ドット)。精細度は326ppiでLEDバックライトを搭載。マルチタッチに対応する。外形寸法は200×134.7×7.5mm(幅×奥行き×高さ)で、従来のiPad mini(200×134.7×7.2mm)よりも0.3mm厚くなっている。重量はWi-Fiモデルが331g(従来308g)、Wi-Fi+Cellularが341g(同312g)。

 CPUは64bitのA7チップを採用。M7モーションコプロセッサも搭載。従来モデルと比べ、CPUは最大4倍、グラフィックパフォーマンスは最大8倍高速化している。無線LAN機能はIEEE 802.11a/b/g/nに対応。外向きのデジタルカメラ「iSightカメラ」は500万画素で、裏面照射センサーを採用。明るさはF2.4。1080pの動画撮影が可能で、動画手ぶれ補正も搭載。顔検出やタップフォーカス、3倍ビデオズームなどが利用できる。

 内向きのFaceTime HDカメラは120万画素で、720p動画撮影が可能。無線LAN、もしくは携帯電話ネットワークを使ったFaceTimeビデオ通話ができる。再生可能な音楽フォーマットはAAC、HE-AAC、MP3、MP3 VBR、Audible、Apple Lossless、AIFF、WAV。動画フォーマットはMPEG-4 AVC/H.264の最大1080/60p、ハイプロファイル4.2(最大160kbpsのAAC-LC)など。

 OSはiOS 7を採用。センサーはWi-Fiモデルはデジタルコンパス、3軸ジャイロ、加速度センサー、環境光センサーを搭載。Wi-Fi+CellularモデルはAssisted GPSも搭載する。バッテリの持続時間は、無線LANでのWebブラウジングや、ビデオ再生、音楽再生で最大10時間。

(臼田勤哉)