ニュース

インターネット、VOCALOID 3用の歌声ライブラリ「kokone」。Megpoidの文章読み上げソフトも

VOCALOID3 Library kokone

 インターネットは、VOCALOID 3用の女性歌声ライブラリ「VOCALOID3 Library kokone」を2月14日に発売する。価格は、ライブラリ単体が11,340円、ライブラリと「VOCALOID3 Editor」をセットにした「VOCALOID3 Starter Pack kokone」が17,640円。

 歌詞とメロディー(楽譜情報)を入力することで、ボーカルの歌声を作成できる歌声合成ソフト「VOCALOID」。最新版の「VOCALOID 3」では、PC用の歌声編集ソフト「VOCALOID 3 Editor」などに、歌声ライブラリと呼ばれる歌手の声のデータベースを別途インストールすることで、扱える歌声のキャラクターを増やす事ができる。「kokone」は、その歌声ライブラリの1つ。

 kokoneは、漢字で「心響」と書き、「心に響きわたる歌声の正統派女性ボーカリスト」と位置付けられている。「広い音域を持ち、ジャンルにとらわれることなく、素直でしっかりとした低音域から艶やかで透明感のあるミックスボイスやファルセットにも近い高音の伸びのある声色を使い、心に響きわたる表現力で歌う」という。収録言語は日本語のみで、推奨音域はD2〜D5。推奨テンポは60〜175BPM。

 ライブラリ単品版には、エディタの機能限定版である「Tiny VOCALOID3 Editor」を同梱。VOCALOID3 Editor、またはWindows版VOCALOID Editor for Cubaseで使用できる各種の「VOCALOID3 Job Plugin」も同梱する。ただし、「Tiny VOCALOID3 Editor」で同梱のJob Pluginは動作しない。

 対応OSはWindows XP/Vista/7/8で、7/8は64bit版もサポート。Mac OS Xにも対応するが、VOCALOID 3 Editorは、Mac OS Xでは使用できない。

文章読み上げソフト「Megpoid Talk」

Megpoid Talk

 また、インターネットでは声優・中島愛の声をベースにしたキャラクター「Megpoid」も提供しているが、歌ではなく、文章読み上げソフト「Megpoid Talk」も2月14日に発売する。価格はパッケージ版が11,340円、ダウンロード版が9,072円。対応OSはWindows XP/Vista/7/8で、Vista/7/8では64bit版にも対応する。

 喋らせたい文章をテキストで入力し、合成ボタンを押すだけで喋らせる事が可能。マイクや、PCに保存した音声ファイルから抽出したイントネーションに合わせた音声合成を行なったり、細かなピッチやタイミングなどの調整も可能。ため息、くしゃみ、あくびなど60種類の非言語音声も入力でき、エフェクトもかけられる。

 合成した音声はをWAV/MP3で出力できるほか、VOCALOID3(VSQX)ファイルへ書き出す事も可能で、VOCALOIDで活用する事もできる。

(山崎健太郎)