ニュース

エルメスのコクピットの秘密? ガンダム劇場版三部作BD化で板野一郎、福井晴敏らトークショー

左から司会の氷川竜介氏、板野一郎氏、関田修氏、福井晴敏氏

 「機動戦士ガンダム」の劇場版三部作をまとめたBlu-ray BOX「劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス」5月28日に発売される事を記念し、そのオールナイト&スペシャル上映会が新宿ピカデリーにて、4月12日〜18日(16日除く)のスケジュールでスタート。初日の12日には、劇場版三部作のアニメーターである板野一郎氏らが参加したトークショーも開催された。

 スペシャル上映会は、連日ガンダム劇場版三部作を上映していく企画で、詳細な上映スケジュールはガンダムの公式サイトで案内されている。13日〜18日(16日除く)は連日1作品が上映されるが、初日の12日には三部作を一挙にオールナイト上映。さらにゲストトークとして、アニメ監督で劇場版三部作アニメーターの板野一郎氏、アニメ監督で劇場版三部作フロアーディレクターの関田修氏、作家で「機動戦士ガンダムUC」のストーリーを担当した福井晴敏氏が登壇。司会はアニメ特撮研究家の氷川竜介氏が担当した。

劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス
品番:BCXA-0883 12,000円
(C)創通・サンライズ

伝説的な作品の舞台裏

 氷川氏は、現在では伝説的な作品となった「機動戦士ガンダム」について、「制作当時はそんなに力を入れている作品ではなく、現場は大変な環境だったそうですね?」と質問。板野氏は、富野由悠季監督がテレビ局の偉い人からの電話に「すいません。すいません」と謝っていたという話を披露。監督は電話を切って、ため息をついてから、元気を出すためにファンの手紙を読んでいたという。

 サンライズ第1スタジオで作業をすることになった板野氏は、席がクオリティに厳しい安彦良和氏のすぐ近くで緊張したという。板野氏は、「(安彦氏は)外部から上がってきた原画を見て、こんなの使えるか〜って怒って、四隅を止めて、くるくるポイしちゃうんですよ」と当時のエピソードを披露した。

会場ロビーには劇場公開当時のポスターを展示
(C)創通・サンライズ
フレームをはずしたセル画を見ることができる高解像度スキャン セル画名場面集
(C)創通・サンライズ

 福井氏は会場に向かって「“板野サーカス”という言葉を初めて聞いた人?」と質問。詳しいファンが多く、手を上げたのは数人であったが、板野サーカスと呼ばれる板野氏が編み出した戦闘シーンの演出手法を解説。ガンダム劇場版の公開前にテレビ放映されていた「伝説巨人イデオン」に言及し、「普通だとそのまま当たるんだけど、アディゴが逃げちゃうですよね。それをミサイルが追っかけて」とアクロバティックな戦闘シーンの思い出を語った。

 “板野サーカス”の影響は大きく、「最近は板野さんの影響で、戦闘シーンの絵コンテをメカデザイナーさんに送ると、別の絵コンテが上がってくるんです」とのこと。メカ作画で演出を膨らませるという前例を作ったのが板野氏だったという。

 氷川は“板野作画”のもう一つの例としてフラミンゴのシーンを挙げる。ジャブローから離脱するホワイトベースのクルーが見ていた、飛び立つフラミンゴのシーンで、板野氏は「安彦さんが遠慮して、絵コンテではフラミンゴの数を少なめに描くんだけど、僕が勝手に増やしちゃった」と語り、誰もが敬遠する、画面に多くのモノが登場して、手間のかかるシーンをあえて引き受けていたという。すると、関田氏がある打ち上げの席で、板野氏がある仕上げ会社の社長さんから、いきなり殴られたというエピソードを披露。「お前のおかげで何人辞めたと思ってるんだ〜」と怒っていたという。

エルメスのコクピットのシーン
(C)創通・サンライズ

 映し出された場面が、エルメスのコクピットのシーンに変わると、当時の撮影テクニックの話に。このシーンでは光がだんだん増えていくのだが、これは関田氏が撮影に立ち会い、現場でマスク用紙に針で穴を空けて増やしていったという。また、ガラスが割れるシーンでは、白い線をマーカーで書き足しながら撮影していたとのこと。「最近はパソコン処理で自由に修正ができるので、直しがいつまでも終わらない」と語る福井氏は、当時の潔さに感嘆していた。

 既報の通り、5月28日に発売される「劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス」には、「機動戦士ガンダム」、「機動戦士ガンダム 哀・戦士編」、「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙編」の3作品を収録するほか、プレミアム・エディションには この本編BDに加え、2000年にオリジナルキャスト(一部除く)で完全新規アフレコによる5.1chで制作された特別版を、オリジナル音声の本編BDとは別の、特別版BDとして3枚同梱。新規録音の本編オーディオコメンタリも収録する。

 また、特典BDとして「ムービーアーカイブ」、「データアーカイブ」と題した2枚のBDも付属。封入特典として、劇場公開当時の雑誌記事や関連商品などレトロな資料とスタッフ&キャストインタビューなどを収録した豪華ブックレット「MEMORIAL ALBUM of MOBILE SUIT GUNDAM 1981-1982(200ページ予定)」、復刻パンフレット(3冊)、復刻プレスシート(2枚/IとIIIのみ)、復刻チラシ(3枚)も同梱する。

劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス プレミアムエディション
品番:BCXA-0884 20,000円

(C)創通・サンライズ

 氷川氏によれば、プレミアム・エディションの特典である「劇場版三部作 5.1ch 特別版」は当初1枚のディスクにまとめる予定だったが、エンディングが違ったり、絵のタイミングが微妙に異なっているほか、技術的な問題もあり、別ディスクになったという。

 また、封入特典の「機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編」のパンフレットは、場面写真が違う別バージョンになっている。これは、サンライズにも残っていなかった資料を、氷川が秘蔵のコレクションを提供した事で復刻が実現したという。

Amazonで購入
劇場版 機動戦士ガンダム
Blu-ray トリロジーボックス
プレミアムエディション
劇場版 機動戦士ガンダム
Blu-ray トリロジーボックス

(山崎健太郎)