ニュース

NHK、8Kスーパーハイビジョンに向け、1億3,300万画素CMOSを開発

 NHKは、次世代の放送システムとして開発を進めている「8Kスーパーハイビジョン」用に、動画用としては最多の画素数となる1億3,300万画素の撮像素子を開発した。2014年5月29日〜6月1日に開催する「技研公開 2014」で披露する。

今回開発した単板カラー撮像素子の構成

 今回開発した撮像素子は、35mmフルサイズと同等の受光面対角長43.2mmで、画素数は15,360×8,640ドットのCMOS。カラーフィルターはベイヤー配列で、フレームレートは60フレーム/秒。

 高画質な8K映像を撮影するためには、赤(R)、青(B)、緑(G)の各色とも3,300万画素の情報が必要となる。これまでは各色に3,300万画素の撮像素子を1枚ずつ、合計3枚用いていたが、光を3色に分けるプリズムが必要となるため、カメラの小型化に向けた課題となっていた。また、1枚の撮像素子で3色の情報を取得する「単板カラー方式」では、1画素で1色の情報となることから情報量が1/3になり、3板式と同等の画質を得ることが困難だった。

 新撮像素子は、従来の4倍の1億3,300万画素で構成されるため、1枚でR、B、Gの各色とも3,300万画素以上の情報を取得できる。これによりカメラの小型化と、従来の単板カラー型で困難であった高画質化を実現できるとする。

 また、市販カメラと同じ単板カラー撮像方式となるため、種類が豊富な写真用レンズが利用可能になるなど、システムの柔軟性向上も図れる見込み。

(臼田勤哉)