ニュース

アストロデザイン、初の8K/98型液晶モニタ。約3,000万円

8K/120pで2kgのカメラも。NHKのMMT多重化やひかりTVにも協力

 アストロデザインは、8K解像度で98型の業務用液晶モニター「DM-3812」の販売を開始した。同社が関係者らに新製品などを紹介する「PrivateShow2014」(6月19日〜20日)で初披露したもので、8K/98型液晶の外販は初となる。価格は約3,000万円。

出展された98型8Kモニタ
8Kカメラなどを使って撮影、リアルタイムで8Kモニタに伝送/表示した

 フルHDに比べ縦横それぞれ4倍の7,680×4,320ドットの解像度を持ち、フレーム周波数60Hzに対応した直視型液晶モニタ。輝度は500cd/m2、コントラスト比は1,200:1。パネルは海外製。入力は、3月にARIB STD-B58として標準規格化され、同社の伝送装置などで採用している8K対応の光インターフェイスを使用。同社の8Kカメラヘッド「AH-4800」で水中撮影などを行なった映像を、8K対応レコーダの「HR-7512-C」で再生していた。

 また、参考展示として85型の8K液晶モニタ「DM-3811」も初披露。シャープのUV2Aパネルを使ったもので、展示機は最終製品ではないが、今後、次世代のシャープ製パネルを使って製品化する見込み。解像度は7,680×4,320ドットで、フレーム周波数は60Hz、輝度は300cd/m2、入力は光インターフェイスとHD-SDI。

シャープのUV2Aパネルを使った、85型8K液晶モニタで8Kの海中映像などをデモ再生
撮影時のシステム

 同社は、スタジオ向けの光伝送装置なども製品化しており、「HDカメラの使用感そのままで運用できる」という8K撮影のシステムを実現。展示会場で8Kカメラや、フォーカス確認用の4Kビューファインダ、伝送装置などを使って、前述の98型液晶モニタにリアルタイムで映像を表示するライブ伝送デモを行なっていた。

8Kカメラヘッドと光伝送装置
8Kカメラや伝送装置など、スタジオ向けのシステム
4Kモニタに変換してフォーカスを確認

 さらに、8Kの120Hzにも対応したキューブ型カメラヘッド「AH-4801-A」も参考展示。総務省のロードマップでは2020年の放送開始を予定している8K放送の仕様で“フルスペック”とされる120Hzの撮影を、外形寸法15.1×13.5×12.5cm(幅×奥行き×高さ)、約2kg(レンズを除く)という小型軽量の本体で実現。スポーツなどの動きの速い被写体にも、動きボケが少なく鮮明な撮影を可能にするという。会場でカメラからの映像伝送デモも行なっている。

8K/120Hz対応のキューブ型カメラヘッド
28型4Kモニタ4台を使ったシステム

 そのほか、メーカーによる4K/8Kテレビ開発などに向けた機材として、既存の28型4Kモニタを4台並べ、デジタルビデオ信号発生器4台で同期再生するシステムも参考展示。HDMI 2.0やDisplay Port 1.2の4K/60p信号、SDI、V-by-Oneの各インターフェイスに1台で対応したデジタルビデオ信号発生器「VG-876」を4台使用している。

 ユニークなものでは、サイネージなどに使える横長の8K×1K(8,640×1,080ドット)形状を採用した「ウルトラワイドビデオウォール」を展示。プロジェクタなどで知られるクリスティの「CHRISTIE MICROTILES」と協力し、アストロデザインの8Kビデオウォールプロセッサーで画面合成などを行なう。展示構成は、横に12台、縦に2台を並べたもので、サイズは4,896×612mm(横×縦)。8K映像の横方向を等倍表示できるほか、左右の余った部分に文字情報などを合わせて表示できる。

8K1Kの横長「ウルトラワイドビデオウォール」
プロセッサーなどの使用機材

4K試験放送開始で対応機器充実。NHKのMMT多重化やひかりTVも活用

 6月2日から4K試験放送「Channel 4K」が始まり、放送局などの4Kへの関心も高まっていることから、放送局などがすぐに活用できるという4K関連の展示も充実。4K液晶モニターや、ウェーブフォームモニタ、SDI/HDMI/DisplayPort対応の4Kインターフェイスコンバーターなども展示している。

4K対応の機材を多数展示

 また、これまで約600〜700万円と高価だった4K非圧縮映像のプレーヤーを、約150万円まで低価格化した「HR-7216」も展示。PCベースの非圧縮動画専用プレーヤーで、3,840×2,160ドット/60p/4:2:2映像の3G-SDI/HD-SDI出力に対応する。ストレージ容量によって2種類を用意。内蔵フラッシュメモリのモデルは20秒間、RAID構成のSSD採用モデルは20分間の非圧縮4K映像を再生できる。

PCベースの4K非圧縮プレーヤー「HR-7216」(PC本体はタワー型の別筐体)
再生ソフトの画面
MMTアナライザー「SP-5800」の画面

 5月のNHK技研公開レポートでお伝えした通り、放送と通信を連携させたハイブリッドキャストにおける次世代の多重化方式「MPEG-H MMT」(MMT)が、2014年3月にISO/IECの国際規格として承認された。放送を前提とした現在のMPEG-2 TSとは異なり、MMTは通信も含め、複数の伝送路で情報を提供できることが特徴。映像、音声、アプリなどを別々に伝送し、受信機がそれらを選択して受信・表示できる。

 MMTの研究開発を進めているNHKが活用しているのが、アストロデザインによるWindows向けアプリケーションのMMTアナライザー「SP-5800」。現在、MMTアナライザーを持つのは世界で同社のみだという。MMT/TLV多重化方式のストリームをリアルタイムに解析。アプリケーションの多重起動により、複数系統の入力を同時に解析してGUI上に表示する。

 IP伝送を使った4K映像配信サービスの開発を進めている「ひかりTV」(NTTぷらら)も出展。アストロデザインは送出設備に関してひかりTVに協力しており、ポータブルTSアナライザ「TS-7815-C」などを使った、ひかりTVの開発環境を紹介した。TSアナライザーにおけるHEVCコーデックへの対応など、ひかりTVが求める機能に対しアストロデザインが迅速に対応していることで、スムーズに開発を進めているという。

ひかりTVも出展
ひかりTVは4K IP放送の開発を進めている
TSアナライザー「TS-7815C」などを使用

(中林暁)