ニュース

スカパー! 、サイトで個人情報漏えいの恐れ。手続き時に別ユーザーのメアド表示

 スカパーJSATは、6月16日〜21日に行なったスカパー! サービスのシステムメンテナンス作業においてシステム障害が発生し、同社サイトの一部ページにおいて個人情報の一部が漏えいした可能性があると26日に発表した。

 ユーザーが契約内容の確認や変更をWeb上で行なえる「Myスカパー!」で手続きした際に、個人IDとして登録されているメールアドレスではなく、別のユーザーのメールアドレスが表示された可能性のある事象が27件確認されたという。そのうち、「お客様氏名」、「ICカード番号」、「視聴契約情報」を第三者に閲覧された可能性が2件発生した。

 さらに、その後の調査で、新たに55件の個人情報漏えいの可能性があることを27日に発表。Myスカパー! の手続き時に「メールアドレス」、「ご連絡先(郵便番号・住所・電話番号)」、「お客様氏名」、「BCAS/ICカード番号」、「視聴契約情報」を第三者に閲覧された可能性があるという。

 個人情報漏えいの可能性のあるユーザーに対し、同社は個別に連絡して説明を行なう予定。現在は詳細なデータの確認作業を継続しているという。また、システム障害の原因を確認して改修作業を行ない、「今後の再発防止と対応強化に取り組む」としている。

 なお、既報の通り今回のメンテナンスで起きたシステム障害により、現在はWeb/電話で全ての手続きが行なえない状態となっている。このシステム障害については別記事で掲載している

【追記】27日付で続報が発表されたため、追記しました(27日20時)

(中林暁)