ニュース

KEF、新開発Uni-Qドライバ採用のリファレンススピーカー3機種

 KEF JAPANは、英KEFの新リファレンススピーカーシリーズ3機種を8月に発売する。ペアでの価格はフロア型の「Reference 5」が1,926,000円、「Reference 3」が1,414,000円、ブックシェルフ「Reference 1」が836,000円。なお、いずれも標準カラーの価格で、特注色をオーダーした場合は各モデル10%高価になり、納期は約3カ月。

フロア型「Reference 5」の使用イメージ

 開発期間は約5年。製造は、イングランド、ケント州メイドストーンの工場で行なわれ、1人の技術者が1ペアを完成させる。なお、年末にはセンタースピーカ2機種、サブウーファも発売予定。ブックシェルフの「Reference 1」向けには、別売のスタンドも用意する。

Reference 5
Reference 3
Reference 1

 点音源を追求した独自の同軸ユニット「Uni-Qドライバ」が特徴のメーカーだが、新Referenceでは新たにドライバを開発。「Muon」や「Blade」などのモデルで使われたドライバや、ロングスロー超低歪ウーファドライバの技術を活かしたという。このドライバは、125mm径のアルミニウム振動板と、25mm径のアルミドームツイータを使った同軸2ウェイで、3機種共通。

 アンプの性能を引き出しやすいよう、いずれのモデルも入力インピーダンスを8Ωとしている。

Uni-Qドライバ
センタースピーカーなどもも年末に発売予定で、シアタースピーカーとしても利用できる

 フロア型のReference 5は、Uni-Qドライバの上下を挟むように165mm径アルミニウム振動板のウーファを計4基搭載。「Reference 3」は、Uni-Qドライバの上下に165mm径アルミニウム振動板のウーファを各1基、計2基。「Reference 1」は、Uni-Qドライバと165mm径ウーファ1基の構成となる。

 なお、2種類のポートを付け替える事で、低域の特性を調整する事も可能。

モデル名 Reference 5 Reference 3 Reference 1
ショートポート 35Hz〜45kHz 38Hz〜45kHz 38Hz〜45kHz
ロングポート 32Hz〜45kHz 35Hz〜45kHz 35Hz〜45kHz

 フロントパネルは、レジンを分厚い2枚のアルミで挟んだ構造で、共振を排除した堅牢な作りになっているという。複数のボルトを使い、フロントバッフルとリアキャビネットを結合し、張力を与え、内部のブレーシングも組み合わせ、共振のほぼ無い筐体を実現したとする。

 クロスオーバーネットワークには高品質なパーツを用い、シンプルさも追求、位相への影響を排除し、音のつながりをスムーズにしたという。

 スピーカーターミナルは締めやすいノブ付き。バイワイヤリング接続に加え、KEFのリンクシステムにも対応。台座には水準器を備え、脚部にはスパイクを採用している。

 最大外形寸法と重量は、Reference 5が349×470×1,397mm(幅×奥行き×高さ)で、60.2kg。Reference 3が349×470×1,202mm(同)で、51.3kg。Reference 1の重量は18.2kg。

(山崎健太郎)