ニュース

ソニー、1型センサー採用で4K記録も対応可能な28万円の業務用ビデオカメラ

 ソニーは、1型の裏面照射型CMOSを搭載し、XAVC記録に対応、4K記録にも対応予定の、コンパクトな業務用XDCAMメモリーカムコーダ「PXW-X70」を9月19日に発売する。価格は28万円。

業務用XDCAMカムコーダ「PXW-X70」

 1型で、総画素約2,090万画素、有効約1,420万画素(16:9)の裏面照射型“Exmor R”CMOSセンサーを搭載した業務用ビデオカメラ。XAVC Long GOP 422(10bit)での1080/60p/50Mbps記録が可能なほか、AVCHD、DVでの撮影にも対応する。

 さらに、センサーとしては4K解像度もカバーしているため、ファームウェアアップデートにより、将来的には4Kの撮影・記録にも対応予定。ファームは2015年上期を予定しており、有償となる。また、ファームウェアアップデートにより、Proxy記録にも将来的に対応予定となっている。

 レンズはツァイスのバリオ・ゾナーT*。F値は2.8〜4.5。35mm換算の16:9時で、29mm〜348mmの光学12倍ズームとなり、全画素超解像ズーム機能使って24倍、2,090万画素の高解像度センサーを生かしたデジタルエクステンダーにより最大48倍ズームまで利用できる。

 Wi-Fiモジュールも内蔵し、NFCにも対応。対応スマートフォンやタブレットとワンタッチで接続でき、アプリ「Content Browser Mobile」を使い、撮影前のアングル確認、録画中のモニタリング、カメラのリモコン操作(録画スタート・ストップ/タッチフォーカス/ズームアイリス調整など)が可能。ファームウェアアップデートにより、将来的にはストリーミングやファイル転送にも対応予定。

 HDMI出力に加え、3G-SDIも搭載。内蔵マイクを搭載するほか、業務用マイクを使用するための取り外し可能なXLRハンドルユニットも付属する。ピクチャープロファイルなども利用可能。これら業務用の機能を搭載しながら、筐体をコンパクトにまとめているのも特徴で、最大外形寸法は130.3×287×180.9mm(幅×奥行き×高さ)。重量は本体のみで約945g。

 液晶モニタは3.5型で、約156万画素。有機ELの0.39型、144万画素のビューファインダーも搭載する。記録用にSDメモリーカードスロットを2基搭載。2つのカードに同時記録が可能(同一記録モード時のみ)なほか、片方のスロットで継続録画をしながら、もう片方で任意に撮影するバックアップ撮影も可能。AスロットからBスロットへ、連続記録ができるリレー録画にも対応している。

(山崎健太郎)