ニュース

LG、21:9の曲面34型やデジタルシネマ4K対応などの新IPS液晶をIFA 2014に出展

 韓国LG Electronicsは、ドイツ・ベルリンで9月5日(現地時間)より開催されるコンシューマ・エレクトロニクス展「IFA 2014」において、34型でアスペクト比21:9の曲面型「34UC97」や、4K IPSパネル搭載の31型「31MU97」などのディスプレイ新モデルを出展すると発表した。

アスペクト比21:9の曲面34型「34UC97」

 フラッグシップ機の「34UC97」は、アスペクト比21:9で画面が湾曲した34型IPSディスプレイで、解像度は3,440×1,440ドット。写真編集や映画制作などの用途を想定している。Thunderbolt端子を備え、複数台のデイジーチェーン接続も可能。出力7Wのステレオスピーカーを内蔵するほか、高音質化機能のMAXX AUDIOも搭載する。

 映画制作などでの利用を想定した“デジタルシネマ4Kモニター”の「31MU97」は、Digital Cinema Initiative(DCI)規格の解像度4,096×2,160ドットに対応した31型。Adobe RGB比99%の色域を実現し、映像制作だけでなくデザインや写真などの業務向けにも適しているという。ハードウェアキャリブレーションに対応し、キャリブレーションソフトも備える。

デジタルシネマ4K解像度に対応した31型「31MU97」

 その他にも、ゲーマー向けの24型「24GM77」を用意。144Hz駆動に対応するほか、応答速度を1ms以下まで改善するというMotion 240機能を装備。さらに、3種類までの画質をすぐに呼び出して適用できるホットキーも備える。

ゲーマー向けの24型「24GM77」

 これらのディスプレイは、IFA 2014が行なわれる9月5日〜10日の会期中、会場のメッセベルリンのHall 11.2において展示される。

(中林暁)