ニュース

3Dブレ防止機能を搭載した「Newニンテンドー3DS/3DS LL」

カメラ画質向上でNFC対応。10月11日発売、16,000円〜

 任天堂は、携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」の新モデルとして、「3Dブレ防止機能」を搭載した「Newニンテンドー3DS」と「Newニンテンドー3DS LL」を10月11日より発売する。価格はNew 3DSが16,000円、New 3DS LLが18,800円。

Newニンテンドー3DS
Newニンテンドー3DS LL

 上画面の液晶サイズはNew 3DSが3.88型、New 3DS LLが4.88型で、解像度は800×240ドット。3D表示時には横800ドットを左目用、右目用にそれぞれ400ドット割り当てて表示する。下画面はNew 3DSが3.33型、New 3DS LLが4.18型で解像度は各320×240ドット

 新たに「3Dブレ防止機能」を搭載し、操作中に本体や顔が大きく動いても映像が安定して見えるように顔の位置を認識して自動調整。快適な3D体験を可能とした。また、画面の明るさを自動で調整する機能を装備。消費電力を節約し、バッテリ動作を長時間化している。

 また、操作系も変更。右側にCスティックが、本体背面にZLボタン/ZRボタンが追加され、操作の幅を拡張。Cスティックは微妙な力の加え方で繊細な操作が行なえ、ZL/ZRボタンでは別売の拡張スライドパッドで実現していた操作が本体だけで行なえるようになり、プレイスタイルの幅が広がるとする。

 NFC機能も追加し、ゲームとつながり連動する、キャラクターフィギュア「amiibo」と連動した遊びが楽しめるようになる。

 インターネットブラウザも強化し、ネット動画に対応。ページの表示スピードが向上したほか、新たに追加されたZL/ZRボタンを使ったタブ切り替えや、Cスティックによるページ拡大などが行なえる。

 カメラの画質も向上。また、CPUの性能も向上し、Miiverseなどの動作が快適になるという。microSD内の画像や音楽をパソコンに無線LAN経由で転送する機能も追加した。

 3DSソフトプレイ時のバッテリ駆動時間はNew 3DSが3時間30分から6時間、New 3DS LLが3時間30分から7時間。外形寸法/重量はNew 3DSが142×80.6×21.6mm(幅×奥行き×高さ)/約253g、New 3DS LLが160×93.5×21.5mm(同)/約329g。

(臼田勤哉)