ニュース

リコー、水深12mでフルHD動画撮影可能なコンパクトデジカメ「WG-30」。Wi-Fi内蔵版も

 リコーイメージングは、防水性能を強化し、水深12mでのフルHD動画撮影も可能なコンパクトデジタルカメラ「WG-30」と、Wi-Fi機能内蔵モデル「WG-30W」を発表した。価格はオープンプライス。発売日と店頭予想価格は、WG-30が10月下旬で27,500円前後、WG-30Wが12月で32,500円前後。カラーはWG-30がエボニーブラック/バーミリオンレッド、WG-30Wがカーボングレー/フレームオレンジ。

WG-30のバーミリオンレッド
WG-30のエボニーブラック
WG-30W、左からカーボングレー、フレームオレンジ

 2月に発売したスタンダードクラスの防水モデル「WG-20」の後継機で、新たに水深12mでの水中撮影(前モデルは10m)、高さ1.5mからの耐落下衝撃性能、マイナス10度までの耐寒構造を備え、アウトドアでの使いやすさと信頼性を高めたという。

 また、1/2.3型、裏面照射型CMOSセンサーと、新型の画像処理エンジンを採用する事で、最高ISO感度6400でも、ノイズを抑えた撮影ができるという。センサーの有効画素数は約1,600万画素。超解像技術を応用した画像処理機能も備えるほか、一度に4枚の画像を撮影、合成してぶれの少ない画像を作る「手持ち夜景モード」も新搭載している。

 動画はMPEG-4 AVC/H.264、1080/30pでの撮影が可能。スロー動画が撮影できる「ハイスピードカメラ」や、インターバル動画撮影機能も搭載。ハイスピード撮影時は、1,280×720ドットでの記録となる。

 レンズの焦点距離は35mm判換算で約28〜140mm、F3.5〜F5.5。光学5倍ズーム、デジタル約7.2倍ズームを搭載。インテリジェントズーム機能も利用できる。

 手ぶれ補正は動画時、静止画時のどちらも電子式。動画撮影時は、動画時専用の電子式手ぶれ軽減機能「Movie SR」を利用する。

 液晶モニタは2.7型、約23万画素。外光の反射を抑えて映り込みを軽減するAR(Anti-Reflection)コートを施している。

 WG-30WはWi-Fiを内蔵しており、スマートフォンと連携可能。スマホからシャッターを切るなどのリモート撮影、撮影画像の確認、各種機能設定もできる。撮影した静止画をスマートフォンから閲覧し、保存することも可能。SNSなどへのアップロードにも活用できる。

 内蔵メモリは約68MB。SD/SDHC/SDXCメモリーカードスロットを備える。WG-30は、無線LAN SDカードのEye-Fi連動機能が利用できる。

 外形寸法は約122.5×29.5×61.5mm(幅×奥行き×高さ)で、本体のみの重量はWG-30が約172g、WG-30Wが約174g。

(山崎健太郎)