ニュース

Apple Watchは4月24日日本発売。価格は42,800円〜218万円まで

 アップルは、腕時計型のデバイス「Apple Watch」を4月24日に発売する。価格はデザインや付属するバンドにより異なっており、Apple Watch、Apple Watch SPORT、Apple Watch EDITIONの3種類を用意する。SPORTは4万2,800円〜4万8,800円、Apple Watchは6万6,800円〜13万2,800円。18金などを使ったApple Watch EDITIONは128万円〜218万円となる。

Apple Watch

 Apple Watchは、iPhoneなどと連携する腕時計型のデバイス。いずれのモデルでも、本体サイズは38mmと42mmの2種類を用意し、さらにバンドなどで差別化が図れる。Retinaディスプレイを備え、バンド部分は手軽にユーザーが交換可能。時計機能はiPhoneと連携する事で、誤差0.05秒以内を実現する。

 米国や日本のほか、オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、英国などで発売される。

 Apple Watchの筐体は、鏡面仕上げのステンレススチールと、スペースブラックのステンレススチールの2種類を用意。ディスプレイはサファイアクリスタルで保護。バンドは3種類のレザーバンド、リンクブレスレット、ミラネーゼループ、フルオロエラストマーから選択できる。

 Apple Watch SPORTの筐体は、シルバー、もしくはスペースグレイ。酸化皮膜処理された軽量アルミニウムが使われている。ディスプレイ保護は強化されたIon-Xガラス。バンドはフルオロエラストマー製で、5色から選択できる。

 Apple Watch EDITIONの筐体には、通常の金よりも最大2倍硬くなるよう開発したという18Kが使われており、18Kイエローゴールド、18Kローズゴールドの2種類を用意。ディスプレイ保護はサファイアクリスタル。

Apple Watch、42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ
Apple Watch SPORT、38mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド
Apple Watch EDITION、38mm 18Kイエローゴールドケースとブライトレッドモダンバックル

 IEEE 802.11b/gやBluetooth 4.0を使ってiPhoneと連携し、通話をしたり、音楽再生制御、地図表示、写真の表示などが可能。TwitterなどのSNS、ルートナビ、MLB.com At Bat、 Nike+ Running、OpenTable、Shazamなどの様々なアプリが利用できる。

 OSはWatch OS。ディスプレイ部分を触らずに操作可能で、右側面の竜頭のような「デジタルクラウン」を回す事で機能のスクロールをしたり、地図の拡大・縮小が可能。ディスプレイに触れての操作も可能で、スマートフォンのように指先で地図を移動するといった使い方にも対応する。

 iPhoneと連携し、iPhoneで再生している音楽再生アプリを、Apple Watchから制御できる。Apple Watch連携に対応したiOSの最新バージョン「iOS 8.2」も10日から配信開始する。

 Apple Watch単体で音楽を再生する事も可能。Apple WatchからApple TVを操作したり、Mac/WindowsのiTunesライブラリコントロールも可能。Taptic Engineと呼ばれるリニアアクチュエーターも搭載し、手首に振動を伝え、アラートをユーザーに知らせる。バッテリ駆動時間は約18時間。

(臼田勤哉)