ニュース

「機動戦士Vガンダム」が“最高画質”で7月からBD-BOX化

富野総監督「何がダメなのか探してください」

機動戦士Vガンダム
※ジャケットとは異なります
(C)創通・サンライズ

 '93年から94年にかけてテレビ放送されたアニメ「機動戦士Vガンダム」が、Blu-ray BOX化される。BOX 1の発売日は7月24日、BOX 2は9月25日で、価格は各34,000円。発売・販売元はバンダイビジュアル。

 BOX 1には26話(第1話「白いモビルスーツ」〜第26話「マリアとウッソ」)を、BOX 2には25話(第27話「宇宙を走る閃光」〜第51話「天使たちの昇天」)を収録する。BD化にあたっては、ニューマスターポジフィルムによるHDテレシネとHDリマスターを実施。「最新の技術によりVガンダムにおける最高画質を実現した」という。

 特典として、各BOXに新録のオーディオコメンタリを収録。4話分を収録する予定。さらに、キャラクター・メカニカル紹介やストーリーガイドなどを収録した解説書、イラストギャラリーや制作当時の資料を収録した記録集も同梱。

 映像特典として、ノンテロップオープニング/エンディングも収録予定。BOX 2にはさらに、名場面コレクション(再録)、アイキャッチャーの実態(再録)、CM & PV集も収録する。

 どちらのBOXも、インナージャケットは描き下ろし。カトキハジメ描き下ろしの収納BOXも付属する。

発売日 タイトル 仕様 音声 品番 価格
7月24日 機動戦士Vガンダム
Blu-ray Box I
片面2層×4
26話収録
約625分
4:3
1080p
リニアPCM
ステレオ
BCXA-0997 34,000円
9月25日 機動戦士Vガンダム
Blu-ray Box II
片面2層×4
25話収録
約600分
4:3
1080p
リニアPCM
ステレオ
BCXA-0998 34,000円

富野由悠季総監督からのコメント

 BD-BOX化にあたり、富野由悠季総監督から、以下のようなコメントが発表されている。

何がダメなのか探してください。 富野由悠季

 この作品は全否定したいと思っているものです。このような結果になったのは、全て監督の責任です。何かの間違いでこのBlu-rayで見た方は『機動戦士Vガンダム』の何がダメなのかを探してみてください。そこから気付ける人がひとりでもいらっしゃればBlu-rayとして出した意味があると思っています。

あらすじ

機動戦士Vガンダム
※ジャケットとは異なります
(C)創通・サンライズ

 地球を汚染させてしまった人類が宇宙に殖民して、それに十分になじむ時代となっていた。しかし人類は、この宇宙でも地球上と同じように戦争の歴史を繰り返していた……。

 宇宙世紀153年、サイド2のほぼ全域を支配するザンスカール帝国は、長きにわたる統治の末、形骸化、腐敗した地球連邦政府に対し独立を宣言、宇宙における新たな秩序づくりの名の下に地球への武力侵攻を開始する。

 それはウッソ・エヴィンとシャクティ・カリンの住む東欧の不法居住区ポイント・カサレリアもまた例外ではなく、ザンスカールとそれに対抗するレジスタンス組織リガ・ミリティアの戦闘に遭遇したウッソたちは、運命に導かれるがごとく戦いに巻き込まれて行く。

 周囲の人々を守りたい一心でヴィクトリーガンダムのパイロットとなったウッソは、戦争と言う不条理な現実の中で様々な経験を重ねて行くのだった……。

※(C)創通・サンライズ
※(C)創通・サンライズ
※(C)創通・サンライズ
※(C)創通・サンライズ
※(C)創通・サンライズ
※(C)創通・サンライズ
Amazonで購入
機動戦士Vガンダム
Blu-ray Box I
機動戦士Vガンダム
Blu-ray Box II

(山崎健太郎)