ニュース

2.5mmバランス対応で6万円を切るハイレゾポータブルプレーヤー「Lotoo PAW5000」

 トップウイングは、Lotoo(ロトゥー)ブランドのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー新モデル「PAW5000」を、5月16日〜17日に開催される「春のヘッドフォン祭2015」で発表することを明らかにした。16日の11時30分より発表会を行なう。

PAW5000

 スイスのオーディオメーカー、NAGRAのポータブルレコーダなどをODMで手掛けているインフォメディアによるオーディオブランド「Lotoo」の新製品。'14年12月に発売した、DSD 5.6MHzなどに対応したハイレゾプレーヤー「PAWGold」(オープンプライス/店頭予想価格263,888円前後)に続く「ジュニアモデル」と位置付けられている。

 「PAW5000」は、PAWGoldの高音質やパラメトリックイコライザなどの機能を継承しつつ、Bluetooth接続や、2.5mmバランス出力などの新機能も装備。価格は未定だが、6万円以下を予定しているという。

 DSDのネイティブ再生に対応するほか、FLAC/WAV/APE/OGG/AAC/ALAC(Apple Lossless)/MP3/WMAなどに対応。なお、上位機のPAWGoldとは異なり、DSDは2.8MHzまで、WAVは96kHzまでの対応となる。2種類のゲイン調整なども可能。アナログ・デバイセズのBlackfin 514 DSPを搭載する。SDHC/SDXCカードスロットを備える。

 ヘッドフォン出力は最大75mW(16Ω)。SN比は100dB以上。光デジタル出力や、USB 3.0も装備する。ディスプレイは2型の有機ELで、解像度は220×176ドット。バッテリ容量は1,700mAhで、連続再生時間は約10時間。外形寸法は約98×55×20mm(縦×横×厚さ)、重量は110g。

PAW5000の紹介動画

(中林暁)