ニュース

新定額制音楽配信「AWA」は5月下旬開始で月額360円〜

エイベックス/CA合弁のプレイリスト型新サービス

 エイベックス・デジタルとサイバーエージェント(CA)が共同出資でスタートさせる定額制音楽配信サービス「AWA(あわ)」の概要が明らかにされた。月額定額制のストリーミング型音楽配信サービスで、月額360円(税込)のLiteと、オンデマンド視聴対応で月額1,080円(税込)のPremiumの2つのプランが用意される。サービス開始は「5月末を予定している」(エイベックス グループ ホールディングス 広報部)。

AWA(あわ)

 14日のエイベックス グループ ホールディングスの決算発表時に、概要が紹介されたもの。AWAは、日本初のプレイリスト型音楽配信サービスとして展開し、5,000以上のプレイリストをスタート時に用意。ユーザー属性や、再生履歴、ジャンル、年代など、嗜好に合ったプレイリストをレコメンドするとともに、ユーザー同士でプレイリストを作って聞かせる、といった交流も可能になるという。

AWAのサービス概要

 月額360円のLite版では、プレイリスト視聴とラジオ視聴に対応。1,080円のPremiumではオンデマンド視聴や、プレイリスト作成/公開が可能になる。

LiteとPremiumの2つのプランを用意

 なお、エイベックスの決算では、映像配信事業の会員数なども公開。2014年第4四半期のdTV(4月21日)加入数は468万人で、BeeTVの68万人を併せて、合計536万人となる。また、ソフトバンクモバイルと連携したUULAは157万人となっている。

dTVの加入数

(臼田勤哉)