ニュース

アイ・オー、USB HDD録画/宅内外配信対応の3波トリプルチューナ「REC-ON」

 アイ・オー・データ機器は、3波のトリプルチューナを搭載し、USB HDDへの録画や、LAN内/宅外への番組配信も可能な「REC-ON HVTR-BCTX3」を8月末に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は32,500円前後。

REC-ON HVTR-BCTX3

 地上/BS/110度CSデジタルチューナを3基搭載。HDMIでテレビと接続してチューナとして動作するほか、USB HDDを接続してデジタル放送の録画も可能。USB 3.0接続にも対応し、最大6TBまでの外付けHDDが利用可能。最大12倍までの録画モードを備えている。

 ネットワーク機能も備えており、Ethernet端子を装備。同一LAN内にあるDLNA対応NASに録画する事もできる。NAS内の番組再生も可能。EPGも備え、録画予約した番組は赤色の背景で表示。キーワードやジャンルを登録すると、マッチする番組を自動で録画する「おまかせ録画」機能も備えている。おまかせチャプターも装備。

 ホーム画面はシンプルで、番組表、録画リスト、予約リストを大きなボタンで配置。リモコンの上下ボタンだけでよく使う機能が選択できるようにしている。

 LAN内のDLNA対応機器に向け、放送中/録画した番組を配信する事も可能。PCやスマートフォン、タブレットからの視聴に対応している。視聴用のアプリとして、無料の「テレプレ」を用意する。対応OSはiOS 7.0.4〜8.3、Android 4.1〜5.1、Windows 8.1。

ホーム画面
EPG画面
NAS内の録画番組を再生しているところ

 宅外への配信にも対応。3基のチューナを搭載しているため、宅内ではリアルタイム番組を2台、録画番組を3台までの機器に同時配信可能。宅外向けの場合は、リアルタイム番組1台、録画番組1台の2台同時利用に制限される。

 配信解像度は1,280×720ドット。3倍、4倍、5倍、12倍のビットレートモードを備え、宅外向けへのレートを抑えた配信にも対応する。

 また、端末内メモリへ録画番組をコピーする事も可能。アプリの「持ち出し番組」メニューから再生できる。

再生アプリ「テレプレ」の利用画面
タブレット版アプリの利用イメージ

 外形寸法は215×185×43.9mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約850g。アイ・オーのHDD「AVHD」シリーズと床面積が同じになっているため、USB HDDとスッキリ2台重ねができる。操作用のリモコンも同梱する。

アイ・オーのHDD「AVHD」シリーズと床面積が同じなので積み重ねやすい
リモコン
背面

(山崎健太郎)