ニュース

村田製作所、ARスマートグラスを鯖江市と試作。機能/デザイン両立、CEATECでデモ

 村田製作所は、AR(Augumented Reality/拡張現実)機能を備えたスマートグラスのコンセプトモデル「Cool Design Smart Glass」を福井県鯖江市と共同で試作したと発表した。10月7日〜10月10日に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2015」において、試作機の展示とデモンストレーションを行なう。

スマートグラスの試作機

 ハンズフリーで使用でき、AR機能も搭載可能なスマートグラスが注目されていることから、スマートグラスなどのウェアラブル機器のHMI(Human Machine Interface)向けにスイッチモジュール「micro PS」の開発を進めている。

 今回、鯖江市との共同プロジェクトにより試作したスマートグラスのコンセプトモデル「Cool Design Smart Glass」は、眼鏡産地である鯖江の眼鏡デザイン技術や製造技術により眼鏡本来のファッション性とかけ心地を追求。テンプル部にスイッチモジュールのmicro PSを搭載することで、レンズ部に備えたARディスプレイやスマートフォンなどの接続機器を、リモコンなしで簡単に操作できるという。

 スマート機能と、ファッション性やかけ心地を両立させることで、生活に溶け込むスマートグラスを体感できるとしている。具体的なアプリケーション例として家電やスマートフォンと連携したHMIソリューションなどを用意する。

 スイッチモジュールのmicro PSは、回転・プッシュスイッチを世界最小サイズ(3.2×3.4×2.3mm)にパッケージングした製品として開発中。HMI向けに2016年に量産予定。

 福井県は、セラミックコンデンサなどのムラタ主力製品を生産している、グループで最も歴史のある最大規模の生産/開発拠点である福井村田製作所などがあり、同社にとってゆかりも深い。

(中林暁)