ニュース

進化した“光る”Bluetoothスピーカー「JBL PULSE2」

アプリやセンサーでLED色調整。低音も強化

 ハーマンインターナショナルは、音楽に合わせて側面のLEDが発光するJBLブランドの新Bluetoothスピーカー「JBL PULSE2(パルス2)」を10月29日より発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は25,880円。カラーはブラックとシルバーの2色で、シルバーは11月下旬発売となる。

JBL PULSE2
JBLプリズムカラーセンサーを装備

 2013年発売の「JBL PULSE」の後継モデルで、円柱形のデザインや音楽にあわせてLEDが光るなどの特徴を継承しながら、アプリによるカラーイルミネーション変更や低音強化、IPX5防水対応などが図られた。

 円柱形のスピーカーの周囲を囲むようにマルチカラーLEDを搭載。8パターンのイルミネーション・テーマがプリセットされており、ファイアー、雨、ほたる、星、花火、砂時計、トラフィック、キャンバスから選択可能。カラーは、本体のボタンのほか、スマートフォンアプリ「JBL Connect」からも変更できる。LEDライトをオフにしての音楽再生も可能。

 また、自分好みのイルミネーションを生み出すという「JBLプリズムカラーセンサー」を搭載。センサーをインテリアや壁紙などの特定の色に向けて作動させると、認識したカラーにイルミネーションが変わるため、お気に入りのイルミネーションカラーを作れるという。

 ユニットは45mmフルレンジ×2を左右に装備。出力は8W×2ch。パッシブラジエータを搭載することで迫力ある低音を実現するという。再生周波数帯域は85Hz〜20kHz。IPX5相当の防水機能に対応した、アウトドアやキッチンなどでも利用可能としている。

JBL Connectでスマホ連携
円筒形の筐体

 Bluetooth Ver.4.1に準拠し、対応プロファイルは、A2DP、AVRCP、HFP、HSPなど。2台のJBL Bluetoothスピーカーを同時にワイヤレス接続できる「JBLコネクト」にも対応。JBLコネクトは、JBL PULSE 2のほか、JBL FLIP3、JBL XTREAMEで利用できる。

 また、アプリのJBL Connnectを使って、2台のJBL PULSE2を左/右チャンネル用に設定して、ステレオ再生する機能も装備。より臨場かなるサウンドを楽しめるという。3台までのBluetoothデバイスを同時にペアリングし、交互に再生できるソーシャルモードも備えている。

 マイクを内蔵し、ハンズフリー通話に対応。独自のVoiceLogicnにより、エコー/ノイズキャンセリングや音声のクリアな抽出を可能とし、電話会議などでも利用できるという。バッテリ容量は6,000mAhで、約10時間のワイヤレス再生が可能。USB電源アダプタなどが付属する。外形寸法は84.2×194.4mm(直径×高さ)、重量は775g。

Amazonで購入
JBL PULSE2

(臼田勤哉)