ニュース

ゼンハイザー、5万ユーロの超高級ヘッドフォン「HE 1060」

真空管搭載のコンデンサ型システム。Orpheus後継

 ゼンハイザーは、真空管搭載のコンデンサ型ヘッドフォンシステム「HE 1060/HEV 1060」を2016年中にドイツで発売する。価格は約5万ユーロ('15年11月3日のレートで約664万円)。同社が1991年に発売したハイエンドヘッドフォン「Orpheus」の後継モデルと位置づけている。日本での販売時期や価格、販売方法は未定としている。

HE 1060/HEV 1060

 ゼンハイザーのダニエル・ゼンハイザーCEOは、「HE 1060/HEV 1060により、私たちはふたたび限界を超える。ゼンハイザーは、卓越の新たなベンチマークを何度でも築き上げ、ハイエンドオーディオの未来を新たに描いていく」としている。

 コンデンサ型のヘッドフォン「HE 1060」とヘッドフォンアンプの「HEV 1060」で構成される。ヘッドフォンは、金蒸着のセラミック電極やプラチナ蒸着の振動板などを採用。ケーブルは、高純度の無酸化銅をシルバーコーティングしている。再生周波数帯域は8Hz〜100kHz。

HE 1060

 アンプは、真空管アンプとトランジスターアンプの長所を融合させ、8本の真空管を利用。DACはESSのSABRE ES9018を内蔵し、384kHz/32bitまでのPCMデータと、5.6MHzまでのDSD再生に対応する。入力端子はUSBと光/同軸デジタルなど。

HEV 1060

 電源が入っていない状態のシステムは、コンポーネントがすべてハウジングに収納されている。電源/ボリュームボタンを押すと、真鍮削出しでクロームメッキを施したコントロール部が、大理石のハウジングからゆっくりと出現し、クオーツガラス管に包まれた真空管が徐々にせり出して光り出す。最後にガラスカバーが自動的に開き、本革イヤーカップ付きのヘッドホンを取り出して利用する。

 アンプのハウジングに用いられた大理石はイタリア・カララ産で、「カララ大理石には、アンプのコアを適切に保護する特性がある。さらにその独自の輝きと構造は、HE 1060 / HEV 1060を一種の芸術品として完成させた」(ゼンハイザーのセレクト&オーディオファイルディレクター モーリス・クワレ)という。

(臼田勤哉)