ニュース

ティアック、DSD対応のMade in TOKYOポータブルアンプ

グランド分離出力対応。beyerdynamic「T 5 p 2nd」も

 ティアックは、DSD 5.6MHzやグラウンド分離出力対応のUSB DAC/ポータブルヘッドフォンアンプ「HA-P5」を今春に発売する。価格は未定だが、5万円程度になる見込み。

HA-P5

 2月13日に東京 中野で開催された、ポータブルオーディオ系イベント「ポタ研 2016 冬」で発表。同社ポータブルアンプ「HA-P50」、「HA-P50SE」の上位モデルと位置づけられ、新たにDSD再生やグラウンド分離出力に対応。ラウンドフォルムやボリュームガードデザインなど、丸みを活かしたデザインも特徴で、ボディカラーはホワイトシルバー。東京青梅市の自社国内工場生産によるMade in TOKYOもアピールしている。

 入力はPCやAndroid接続用のmicro USBとiOSデバイス接続用のUSB。前面のヘッドフォン出力は4極のミニジャックとなっており、グランド分離出力に対応する。また、「ユーザーからのニーズが多い」というライン出力も追加した。

ヘッドフォン出力は4極グラウンド分離出力対応

 DACはバーブラウンの「PCM1795」でDSD 5.6MHzまで、PCMは192kHz/24bitまで対応。オペアンプは「OPA1602」。44.1kHz/48kHz専用のマスタークロックも備えている。出力は160mW×2ch(32Ω)。対応ヘッドフォンインピーダンスは16〜600Ω。

HA-P5のブロックダイアグラム

 天板にはサンプリングレート等を確認できるLEDを装備。電源ON時にはバッテリ残量計としても利用できる。

天板にはサンプリングレート等を確認できるLEDも装備。

 iOS、PC/Mac向けに「HR Audio Player」アプリを提供し、DSD再生に対応する。Android向けのHR Audio Playerも3月に提供予定としている。バッテリ駆動時間は約5時間。外形寸法は121.4×65.4×21.6mm、重量は182g。

背面。ライン出力も新たに搭載

 また、ポータブルアンプ「HA-P50SE」の新色レッド「HA-P50SE-R」も3月上旬に発売。店頭予想価格は26,800円前後。

HA-P50SE-R

 また、独beyerdynamicの密閉型ヘッドフォン・フラッグシップモデル「T 5 p 2nd Generation」も紹介。2月下旬発売で、店頭予想価格は13万円前後。テスラテクノロジーの強化や、新イヤーパッドの採用による装着感の改善、ポータブルに適した低インピーダンス設計などをアピール。また、ケーブルも着脱式として、7N OCCの1.4mケーブルが付属する。

T 5 p 2nd Generation
T 5 p 2nd Generation
新テスラドライバーを搭載
ケーブル脱着に対応
同梱品

(臼田勤哉)