ニュース

ソニー、ユーザーの声で進化する「Future Lab Program」。第1弾“N”をSXSWで披露

 ソニーは4日、オープンな環境で新たな技術・研究開発を行なうプログラム「Future Lab Program」を発表。第1弾のコンセプトプロトタイプ“N”を、米国で現地時間3月12日より開催されるイベント「SXSW(サウス バイ サウスウエスト)Interactive 2016」で初公開する。

Future Lab Program“N”のティザー動画。ヘッドフォンのような製品が見える

 Future Lab Programは、ソニーとして初めて取り入れる新たな手法で、社内で開発中のコンセプトプロトタイプをユーザー向けに紹介し、フィードバックやインスピレーションを反映しながら進化させるというもの。

 このプログラムから発信するコンセプトプロトタイプを通じて「ソニーの技術・研究開発で目指すべきチャレンジングな目標」をユーザーと共有し、共創していくという。Future Lab Programのロゴデザインは、アルファベットのFとLをモチーフに、ターゲットをフレーミングしているイメージ。今後、各コンセプトを象徴するアルファベットをこのフレームの中に入れて、コンセプトプロトタイプを展開していく。

Future Lab Programのロゴ
Future Labのコンセプト動画

 第一弾のコンセプトプロトタイプとなる“N”は、耳を塞ぐことなくハンズフリーで音楽や音声による情報をインタラクティブに楽しめることをコンセプトとした、新たなユーザーインターフェースを提示するというもの。

 毎年3月に開催されている、音楽、映画、インタラクティブの3つを展示の柱とするイベント「SXSW Interactive」において、ソニーは特設会場「Sony’s Future Lab Program at SXSW」を3月12日〜14日(米国時間)に用意。“N”をはじめとした各種コンセプトや技術を紹介する。

Sony’s Future Lab Program at SXSWの展示イメージ

(中林暁)