ニュース

ELAC、さらに小型化した300LINEの同軸2ウェイスピーカー「BS302」

小型のブックシェルフ「BS302」

 ユキムは、独ELACのスピーカー、300LINEの新モデルとして、小型のブックシェルフ「BS302」を3月10日に発売する。価格はペアで87,000円。

 301.2の後継機として開発されたモデルで、サウンド面でブラッシュアップしながら、奥行きの小型化や、対応するスタンド・ブラケットの幅を広げたモデルとなる。

 300LINEの特徴でもある、アルミ押し出し成型のキャビネットを採用。ユニットは同軸2ウェイで、密閉型。小型でバッフル面が少なく、同軸ユニットで点音源を追求した事で、高い空間表現応力を持つという。

 同軸ユニットのサイズは、ウーファが78×108mmのAS-OVAL、ツイータが20mm径のシルクドーム型。クロスオーバー周波数は80/2,390Hz。再生周波数帯域は80Hz〜35kHz。能率は86dB(2.83V/1m)。インピーダンスは4Ω。

 301.2との違いは、磁気回路とクロスオーバーを一新した事。「301.2を凌駕するサウンドパフォーマンスを実現している」としており、使い勝手の面でも進化。音を犠牲にせず、奥行きを1cm短くした。外形寸法は91×111×121mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1.3kg。

 新たに、リア部と底面それぞれに、6mmのインサート・ナットを装備。専用ブラケット「WALL BRACKET for BS302」(ペア3,600円)や、スタンド「LS STAND SAT for BS302」(ペア45,000円)に加え、「B-Tech BT33」などの他社製ブラケットも利用できる。

LS STAND SAT for BS302
WALL BRACKET for BS302

(山崎健太郎)