ニュース

日テレ初、8K収録の笑点を上映。今後の8K試験放送にも

 日本テレビは、放送業界関係者向け展示会「デジテク2016」を、汐留日本テレビタワーの「日テレホール」において3月8日〜9日の2日間開催。この中で、日テレ初となる8K収録の「笑点」を上映している。

「笑点8Kスペシャル」の上映(シャープの85型8Kモニター使用)

 日テレ初の8K番組で、タイトルは「笑点8Kスペシャル」。収録は1月9日に東京・後楽園ホールで行なったもので、本編尺は約45分だが、今回のデモでは6分30秒をループ再生していた。「現時点最高水準の技術を駆使して撮影された8K版笑点」としている。今回の上映は、シャープの85型8Kモニター「LV-85001」と、アストロデザインの55型8Kモニター「DM-3814」で行なっている。

アストロデザインの55型「DM-3814」での上映

 番組内容は「落語・壷算(桂歌丸)」と大喜利の2本立て。次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)の8K企画公募に日本テレビが応募して採択された。

 機材はNexTV-Fが貸し出し、カメラは3台(池上通信機のSHV-8000やソニーCineAlta F65)を使用。DIT(Digital Image Technician/デジタルワークフローで撮影から編集まで担当する映像技術者)を、NiTRO(日テレ・テクニカル・リソーシズ)が担当した。フォーカスフォローは、中継車でVE(ビデオエンジニア)が担当した。音声は5.1chで収録。

収録機材など
デモ上映の構成

 今回の8K収録で出た課題としては、当初の予想よりもさらに難しかったというフォーカス合わせや、セットの汚れ/傷といった細かい点が8Kでは見えてしまった点などがあった。一方で、出演者の着物の質感など、従来の放送では届けられなかった情報も伝えられたという。

 8K収録のコンテンツは既にNexTV-Fに納入されており、今夏以降に衛星放送で始まる8K試験放送(NexTV-Fは12月開始)で視聴可能になることが見込まれている。なお、現時点で次の8K収録番組については未定だという。

写真ではわかりにくいが、着物の細かい質感もモニター上で表現されていた
8K収録の概要

 笑点は、1966年の放送開始から50周年を迎えた。放送開始当初は多くの番組が白黒放送だった中、笑点はカラー放送でスタート。その後もステレオ放送や、デジタルVTR規格のD2での収録など、常に早い段階で新技術を採用してきたという。なお、2014年には「笑点特別版」として桂歌丸の落語を4Kで収録している。

 デジテクは、放送業界関係者に向けた、日本テレビが取り組む放送技術・新サービスの展示会。入場は無料だが、受付で名刺が必要。8K以外にも、4KやHDR映像に関する技術や、放送通信連携のハイブリッドキャスト(Hybridcast)、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)、ドローンなどを使った展示も数多く行なっていた。これらの内容は別記事でレポートする。

(中林暁)