年末特別企画

2015年AV関連10大ニュース結果発表

太陽誘電等の光ディスク撤退や東芝問題、UHD BD

今回は435人の方から投票を頂きました。ご協力ありがとうございました。

アンケート実施期間:2015年12月17日〜12月24日

※複数回答の設問があるため、回答結果を合わせると100%・総投票人数を超える場合があります

順位 項目 得票率(%) 得票数
1 太陽誘電が光ディスク撤退。TDK/イメーションもBD/DVD/CD終息 29.4 128
2 東芝、不適切会計問題で歴代社長が辞任。PCやテレビの構造改革へ 26.9 117
3 4K/HDR対応のBD新規格「Ultra HD Blu-ray」策定 25.3 110
4 Amazonプライムビデオスタート。Fire TV/TV Stickも発売 21.6 94
5 定額制音楽配信が続々スタート。Apple Music、AWA、LINE MUSIC、Googleなど 21.4 93
6 Netflixが日本参入。定額制映像配信(SVOD)が拡大 19.5 85
7 Windows 10登場。UIやリリース方法も一新 18.4 80
8 スター・ウォーズ新作「フォースの覚醒」が劇場公開 15.9 69
9 2万円のウォークマンやスマホ、ミニコンポなど、ハイレゾ対応機器の普及進む 14.7 64
10 4K映像配信が拡大。NetflixやひかりTV、dTVなど 14 61

光ディスク事業撤退がトップ。東芝問題やUHD BD、定額制映像/音楽配信

 2015年の話題で最も多くの票を集めたのは、太陽誘電やイメーションの光ディスク事業撤退で、全体の29.4%にあたる128票となった。いずれも12月末をもって記録製品の販売を終了する。なお、イメーションはTDK Life on RecordやImationブランドで展開していたオーディオ機器、アクセサリ製品事業からも撤退する(一部欧州地区を除く)。

 2位は、東芝の不適切会計問題を受けた歴代社長の辞任と、テレビ、PC、家電の各事業の構造改革で26.9%(117票)だった。テレビは国内で自社開発と販売を継続するが、PC、家電については他社との事業再編も検討されている。読者のコメントでは東芝REGZAシリーズの今後を心配する声も届いている。

 3位は、4K/HDR映像に対応する次世代BDとして仕様策定された「Ultra HD Blu-ray」が25.3%(110票)でランクイン。パナソニックから発売された世界初のUHD BD再生対応DIGA「DMR-UBZ1」は17位に入った。

 4位は、Amazonプライム会員が利用できる定額制動画配信サービス「Amazonプライムビデオ」スタートとFire TV/TV Stick発売。動画配信関連の話題では、Netflixの日本参入など定額制映像配信サービスの拡大が6位、NetflixとひかりTV、dTVで始まった4K映像配信が10位に、それぞれ入っている。

 5位は、Apple Music、AWA、LINE MUSICなどの定額制音楽配信サービス。7位はWindows 10のリリース、8位はスター・ウォーズ新作「フォースの覚醒」の劇場公開。9位は、2万円台のウォークマンをはじめ、スマホやミニコンポなどハイレゾ対応機器の普及だった。

 11位以下では、社会的に大きな話題となったドローン/マルチコプターや、Dolby Atmos対応のAVアンプやBDソフトの増加、ソニーのベータカセットが来年3月出荷終了、などの話題が入っている。

順位 項目 得票率(%) 得票数
11 ドローン/マルチコプターが大きな話題に。12月からは改正航空法で規制も 13.3 58
12 シャープ経営体制一新も苦戦続く。液晶事業などが課題に 12.2 53
13 Dolby Atmos対応のAVアンプが各社から。BDも多数発売 11.5 50
14 映像の次の進化として「HDR」へ注目高まる。テレビや配信で対応進む 11 48
15 ベータカセット出荷が'16年3月で終了。40年の歴史に幕 10.6 46
16 オンキヨーやパイオニア、ティアックなどハイレゾプレーヤー参入 10.3 45
17 Ultra HD Blu-ray再生対応機登場。パナソニック「DMR-UBZ1」 10.1 44
18 世界初の商用4K放送「スカパー! 4K」スタート 9.4 41
19 ソニーから「高音質microSDカード」が登場し、話題に 8.7 38
20 ワイドFMがスタート。AM放送をFM波で 8.5 37
21 4Kテレビが各社から発売。モダンOS採用や低価格化も 8.3 36
22 アナログレコード人気を受け、プレーヤーも多数登場 8 35
23 iPhone 6s/6s Plus。A9プロセッサ搭載で4K撮影や3D Touch対応 7.8 34
24 民放共同の見逃し配信「TVer」がスタート。100万ダウンロード 7.6 33
24 ソニーがAndroid TVを全面採用。4K BRAVIAなど 7.6 33
24 LGが4K有機ELテレビを日本発売。液晶の“次”を訴求 7.6 33
27 DSD 11.2MHz楽曲配信開始。対応USB DACやプレーヤーも続々 6.9 30
27 約50万円のハイレゾプレーヤー「AK380」発売 6.9 30
27 PC向け4Kディスプレイが増加、低価格化も進む 6.9 30
30 ポータブルオーディオでバランス駆動やグランド分離接続がトピックに 6.7 29
31 徐々に見えてきた4K/8K放送。'16年に8K試験放送、BS/CS左旋活用へ 6 26
31 '16年のPlayStation VR、Oculus発売に向け、VRの注目高まる 6 26
33 Apple Watch発売。時計から音楽アプリやカメラを操作 5.7 25
34 iPod touchが約3年ぶりに一新。第6世代はA8チップ搭載で128GBも 4.8 21
35 高級イヤフォンのユニットに変化。ハイブリッドや新素材など 4.6 20
35 スマホ向け放送「NOTTV」終了決定。'12年4月スタートからわずか4年 4.6 20
37 東芝、HDR/4Kに向けて一新した「REGZA Z20X」シリーズ 4.4 19
38 B&Wの新スピーカー「B&W 800 D3シリーズ」発表 4.1 18
38 初の4K液晶スマホ「Xperia Z5 Premium」 4.1 18
40 パナソニックからFirefox OS搭載テレビ。「JAPAN PREMIUM」のVIERAなど 3.9 17
41 8K相当のシャープ液晶TV「AQUOS 4K NEXT」発売 3.7 16
42 ソニーが作る本気のコンパクトオーディオ「CAS-1」発売 3.2 14
42 カスタムイヤフォンに、オンキヨーやJust earが参入 3.2 14
44 Shureがポータブルなコンデンサ型イヤフォン「KSE1500」発表 3 13
45 ポータブル/ホームオーディオで、「AK4490」など旭化成DAC採用増加 2.5 11
46 新Apple TV発売。アプリ追加や音声操作が可能に 2.1 9
47 「ケーブル4K」スタート。CATVでも4K放送 1.8 8
47 YouTubeが360度動画対応。THETAやKodakの新型カメラも 1.8 8
49 映像配信の差別化は、オリジナルコンテンツ/先行配信が鍵に 1.6 7
50 スタミナ再生重視の新ハイレゾウォークマン「NW-ZX100」。約7万円 1.4 6

コメントの紹介

 お寄せ頂いたコメントの一部を紹介します。

コメント

・東芝の問題。自分も使っているREGZAがどうなってしまうのか心配

・シャープや東芝の赤字に対してソニーのテレビ事業黒字化

・パナが有機EL TVを欧州市場に投入。日本でも販売して欲しい

・LGの4K有機ELテレビの日本発売

・HDRは間違いなく4K以上に見た目のインパクトが大きい技術。来年以降に期待

・Ultra HD Blu-rayに対応したゲーム機(もちろん4K出力)が出たら購入したい

・Ultra HD Blu-rayが登場したが 本当に普及が進むのか心配。3Dの二の舞いにならなければ良いが

・JVCとソニーから2年ぶりに4Kプロジェクタが販売されたこと。エプソンからレーザープロジェクタが発売されたこと

・エプソンの4K相当のプロジェクタ登場。もう少し安価に購入できる4Kプロジェクタの登場が待ち遠しい

・ハイレゾ対応製品の購入が増えた

・はるか彼方の銀河系のことのように感じていたハイレゾや4Kが、手の届きそうなずいぶんと身近なところまで来たな、という印象の一年だった

・Apple Musicは自分の音楽の聞き方を根本から変えてしまった。素晴らしいプレイリストで新たな音楽との出会いが数多くあった

・今日(12月24日)からザ・ビートルズの定額制音楽配信がスタートしたこと。 かなり満足度があがった

・ポタアンの概念を覆すポタアン、Mojoの登場

・円安の影響による高級イヤフォン/ヘッドフォンの価格上昇。購入を踏みとどまってしまった

・今年もっとも注目していたニュースはDolby Atmosの本格的な対応。加えてDTS:Xの普及により、ホームシアターの映画鑑賞が飛躍的に向上すると期待している

・ラジオをよく聴く自分にとってワイドFM開局は重大ニュース。ハイレゾの進化とアナログ盤が活気づいているというのが対照的で面白かった

・ベータマックスのテープ製造完全終了。It's a SONY.の時代が終わった

・今年は太陽誘電の撤退報道や、シャープや東芝の報道など一時代が終焉。それとは別に、定額音楽配信や4K放送の拡充など、新たな歴史の始まりと想いが交錯した年だったと感じた

(AV Watch編集部)