◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ペガシス、TMPGEnc 3.0がIntelの“Prescott”に最適化
−SSE3拡張命令に最適化し、8〜12%高速化


TMPGEnc 3.0 XPress

2月3日発表


 株式会社ペガシスは、エンコードソフトウェアの次世代バージョン「TMPGEnc 3.0 XPress」において、Intelの最新Pentium 4プロセッサ「Prescott(コード名)」に対応し、拡張命令の「ストリーミングSIMD拡張命令3(SSE3)」を正式サポートすると発表した。

Prescott

 TMPGEnc 3.0 XPressは、現在販売しているMPEGエンコードソフト「TMPGEnc Plus 2.5」の次世代バージョンで、インターフェイスを一新するなど、大幅な変更が加えられる。現在は従来バージョンのユーザー向けにベータテストを行われており、製品の発売は今春を予定している。

 「Prescott」は、90nmプロセスルールを採用した最新のPentium 4プロセッサ。低電力トランジスタ、歪みシリコン、銅配線、低誘電(Low-K)層間絶縁膜を採用したほか、L2キャッシュが1MBに倍増され、「SSE3」と呼ばれる13の新命令が追加されている。

 今回TMPGEnc 3.0 XPressでは、SSE3の新命令のうち、メモリアクセスを強化する命令を利用して、MPEG-1/2エンコーダを中心として最適化を行なっている。特に動き検索の高速化では、SSE3が大きな効果を発揮するという。

 これらにより、「動き検索時のメモリアクセス処理」や、「プログラム全体のメモリアクセスペナルティの軽減」、「HTテクノロジ Pentium 4 との単体性能比較によるコード最適化」などの高速化が行なわれた。

 同社ではベンチマーク結果も公表している。動き検索を「高精度」とし、6MbpsのMPEG-2(CBR)のファイルを作成した際の所要時間は、3GHzのPresscotでSSE3無効時で、2分13秒だったものが、SSE3を有効にすると2分に短縮されるという。

□ペガシスのホームぺージ
http://www.pegasys-inc.com/
□ニュースリリース
http://www.pegasys-inc.com/ja/press/04_0203.html
□ダウンロードページ
http://www.tmpgenc.net/betatester_jp/index.html
□関連記事
【2003年12月25日】ペガシス、全てを一新した「TMPGEnc 3.0 XPress β版」を公開
−フィルタのリアルタイムプレビュー可能。WMV出力にも対応
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20031225/pegasys.htm
【2月3日】Intel、PrescottコアのPentium 4 3.40E GHzなど4製品
〜Northwood/Extreme Editionも3.40GHzを達成
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0203/intel.htm
【2月3日】多和田新也のニューアイテム診断室
ようやく登場した新Pentium 4「Prescott」 解説編(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0203/tawada09.htm
【2月3日】多和田新也のニューアイテム診断室
ようやく登場した新Pentium 4「Prescott」 ベンチマーク編(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0203/tawada10.htm

(2004年2月3日)

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00


Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.