◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ケンウッド、カーオーディオ用のiPodアダプタなど
−iPodアダプタ/AAC対応の1DIN CDユニットなども2月発売


KCA-iP500

2月上旬より順次発売

標準価格:未定〜47,250円

連絡先:カスタマーサポートセンター
     Tel.045-933-5212


 株式会社ケンウッドは、iPodに対応したカーオーディオ用インターフェイスユニット「KCA-iP500」を3月下旬より発売する。価格は未定としている。

 また、KCA-iP500に対応する1DIN CDレシーバユニット「L707」、MDレシーバユニット「L707MD」や、ステレオパワーアンプなども2月上旬より順次発売する。価格や発売時期は以下のとおり。

仕様 品番 価格 発売時期
iPodインターフェイスユニット KCA-iP500 未定 3月下旬
MP3/WMA/AAC対応CDレシーバ L707 47,250円 2月上旬
MDLP/NetMD対応MDレシーバ L707MD 47,250円
140W×4chパワーアンプ KAC-8452 47,250円 3月上旬
340W×2chアンプ KAC-7252 32,250円


■ KCA-iP500

 ケンウッドのカーオーディオ製品で、iPodの再生や操作、タイトル表示などを可能にするインターフェイスユニット。当初生産台数は2,000台。

 iPodのプレイリスト/アーティスト/アルバム/ジャンルといった検索メニューを利用可能で日本語表示にも対応。また、専用ケーブルにより接続するため、FMトランスミッタなどを利用したiPod用再生システムより高音質で楽しむことができるという。

 対応するカーオーディオ製品は、同時発表の「L707」、「L707MD」のほか、2003年以降に発売されたチェンジャーコントロールバスを搭載したモデル。対応するiPodは第3/4世代iPodとiPod mini/iPod photo。iPod shuffleには対応しない。

 SRS WOW DIGITALやサウンドマネージメント技術などのサウンドエフェクト機能も搭載。また、小型のハイダウェイユニットにより、iPodの置き場所をとらずに利用できるほか、コネクタ接続時にはiPodで音楽を再生しながら充電もできる。外形寸法は80×23×50mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約360g。


■ L707/L707MD

L707

 L707は、1DINサイズのCD/FM/AMチューナーユニット。KCA-iP500との接続に対応し、L707側からiPodのコントロールが行なえる。

 8階調64色カラーFL管を本体前面に装備。CDプレーヤー部は音楽CDに加え、MP3/WMA/AACを記録したCD-R/RWの再生が可能となっている。また、MP3のID3Tag V.1をサポートして日本語タイトル表示も行なえる。フォルダ選択機能も備えている。

 アンプ部出力は最大50W×4ch(4Ω)、定格30W×4ch(4Ω)。同社のハイグレードカーオーディオ「エモーショナル・サウンドシリーズ」で採用した「Offset Dual Differentioal D/A Sysytem」をフロント2chに搭載。通常の音楽信号に加え、マイナス側にシフトした信号を生成し、この2つをDA変換後に合成することで、DA変換時に発生する歪みと素子の個体差による音質劣化を解消しているという。

 また、バーブラウン製の24bitオーディオDACを採用したほか、独立中点回路システムやなどの採用により高音質化を図っている。周波数特性は10Hz〜20kHz、S/N比は110dB(1kHz)、ダイナミックレンジは93dB。また、キャビンサイズとスピーカーサイズを設定するだけで、音場空間の設定が行なえる「サウンドマネージメントシステム」や、音場効果機能の「SRS WOW DIGITAL」なども装備している。


L707MD

 L707MDは、1DINサイズのMDユニット。本体デザインはL707と共通イメージとなっており、8階調64色カラーFL管を前面に装備する。アンプ部出力は最大50W×4ch(4Ω)、定格30W×4ch(4Ω)。周波数特性は20Hz〜20kHz、S/N比は90dB(1kHz)、ダイナミックレンジは80dB。

 L707と同様にiPodのコントロールに対応するほか、Offset Dual Differentioal D/A Sysytemやサウンドマネージメントシステムなども備えている。



■ KAC-8452/KAC-7252

 KAC-8452は、最大出力140W×4ch/400W×2chのパワーアンプ。MOS FETの採用により動作ロスを抑え、安定したパワーと高音質を実現したという。

 定格出力は70W×4ch(4Ω)/200W×2ch(4Ω)、周波数特性は5Hz〜50kHz、全高調波歪率は0.08%、S/N比は100dB。ローパス/ハイパスフィルタや、スピーカー入力を備えている。

 KAC-7252は、最大出力340W×2ch/1,000W×1chのパワーアンプ。KAC-7252同様に、オン抵抗の少ないMOS FETの採用により動作ロスを抑え、安定したパワーと高音質を実現している。

 定格出力は170W×2ch/(4Ω)、周波数特性は5Hz〜50kHz、全高調波歪率は0.08%、S/N比は100dB。ローパス/ハイパスフィルタや、スピーカー入力を備えている。バスブースト用のワイヤードリモコンも付属する。

KAC-8452 KAC-7252

□ケンウッドのホームページ
http://www.kenwood.co.jp/jhome.html
□ニュースリリース(iPodアダプタ)
http://www.kenwood.com/j/press/press20050125_2.html
□ニュースリリース(レシーバ/パワーアンプ)
http://www.kenwood.com/j/press/press20050125_1.html
□関連記事
【1月20日】パイオニア、iPodと連携可能なカーオーディオ
−AAC対応のメインユニットやiPodアダプタなど全12機種
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20050120/pio1.htm
【1月14日】アルパイン、iPodをサポートしたカーCDユニット5モデル
−最上位モデルではかな/漢字表示に対応
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20050114/alpine.htm
【1月9日】2005 International CESレポート【ポータブルオーディオ編】
クラリオンやパイオニアはiPodのカーオーディオ利用を推進
−iAUDIOの新プレーヤーやビクターの耳掛け型MP3プレーヤーなど
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20050109/ces09.htm

(2005年1月25日)

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.