◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
オンキヨー、24bit/192kHz出力対応のサウンドカード
−録音機能を省いて実売1万円を実現。SN比110dB


3月25日発売

標準価格:オープンプライス


 オンキヨー株式会社は、業界初の24bit/192kHz出力に対応したLow Profile対応PCIバス用サウンドカード「SE-90PCI」を3月25日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万円前後の見込み。対応OSはWindows 2000/XPだが、24bit/192kHz出力はWindows XPのみ利用可能。OSの制限によりWindows 2000は24bit/96kHzまでの対応となる。

 ライン入力やマイク入力など、録音関係の機能を省くことで低価格化と高音質化、Low Profile対応を実現したサウンドカード。オーディオチップは「SE-150PCI」に搭載されているマルチチャンネル対応「VIA Envy24HT」と同シリーズの「VIA Envy24MT」を採用している。

 安定したグランド電位を得るために銅バスプレートを搭載するほか、カップリングコンデンサにはSILMIC IIを採用。WOLFSON製の24bit/192kHz対応DACを搭載し、業界で初めてという24bit/192kHzの光デジタル出力をサポートした。再生SN比は110dB。

各パーツの解説 VIA Envy24MTを採用 銅バスプレートやVLSC回路も搭載。アナログ出力部がシンメトリ配置になっているのもわかる

 同社はPC用のアクティブスピーカーとして24bit/192kHzの光デジタル入力に対応した「77monitor(GX-77M)」を発売しており、同スピーカーと組み合わせることで「手軽に高品質なPCオーディオ環境を構築できる」という。

 DAC用の電源部には高周波特性に優れるというコンデンサ「OS-CON」を採用。ほかにもオペアンプや、独自のアナログ波形生成技術「VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)」回路を搭載。パルス性ノイズを含まないアナログ波形を生成するという。

 アナログ出力部は基板上にシンメトリ配置し、再生クオリティを向上。アナログ出力端子には金メッキを施しているほか、光デジタル出力端子はAV機器などで採用されているシャッター付きタイプを搭載した。

 なお、光デジタル出力はドルビーデジタルやDTSのパススルー出力にも対応。A3D 1.0、EAX 2.0、Qsoundにも対応しているが、アナログ出力は2chのみで、アナログマルチチャンネル出力はサポートしていない。

光デジタル出力端子はシャッター付き 77monitor(GX-77M)と組み合わせると手軽に24bit/192kHz再生環境が構築できる

発表会場では他社製品との比較試聴も実施。分解能の高さと音場の広さが印象的だった 試聴システムには、ハイコンポ「INTEC 275」の新モデルからプリメインアンプの「A-933(S)」、スピーカー「D-302E」が使用された


□オンキヨーのホームページ
http://www.jp.onkyo.com/
□ニュースリリース
http://www2.onkyo.com/jp/what/news.nsf/view/SE-90PCI
□関連記事
【2004年11月15日】オンキヨーの新サウンドカード「SE-150PCI」をテスト
〜 人気のカードが一新。外観は石油コンビナート? 〜
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20041115/dal168.htm
【2004年9月21日】オンキヨー、24bit/96kHz対応のサウンドカード
−銅バスプレート実装や大容量コンデンサで高音質化
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20040921/onkyo.htm

(2005年3月3日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.