◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
東芝、ジェットスリットスピーカー搭載の42型液晶TV
−オンキヨーとスピーカーを開発。20型デジタル対応も


42LC100(左)、20LC100(右)

7月上旬より順次発売

標準価格:オープンプライス


 株式会社東芝は、地上/BS/110度CSデジタルチューナを搭載した液晶テレビ「液晶 beautiful “face”」の新モデルとして、42V型の「42LC100」と、20V型の「20LC100」の2モデルを追加。7月上旬より順次発売する。

 faceのエントリーモデル「LC100」シリーズの新モデルで「42LC100」が7月上旬から、「20LC100」が7月中旬から発売される。価格はともにオープンプライスで、店頭予想価格は42LC100が53万円前後、20LC100が17万円前後。

 今回の2モデル追加により「LC100」シリーズは42/37/32/26/23/20型の6モデルのラインナップとなる。


■ 42LC100

42LC100

 1,366×768ドットのIPSパネルを搭載した42V型液晶テレビ。輝度は500cd/m2、視野角は上下左右178度。

 地上/BS/110度CSデジタルチューナと、地上アナログチューナを搭載。64bitのCPUと、Linux OSを使った映像処理システム「デジタル新頭脳メタブレイン」を搭載し、画素の明るさを解析し、リアルタイムに最適なガンマ補正を適用する「ヒストグラム・ダイナミックガンマ」や、記憶色を再現するという「カラーイメージコントロール」などに加え、モスキートノイズを低減する「MPEGノイズリダクション」、「エンコードクロスカラー・リダクション」、「MPEGカラースムーサー」などの機能を内蔵する。

 スピーカーはアンダースピーカー型で、アンプ部出力は10W×2ch。新たにオンキヨー株式会社と共同開発した「ジェットスリットスピーカー」システムを搭載する。メインマグネットに磁束密度の高い「ストロンチウム・フェライトマグネット」を採用した6×12cmのユニット×4と3.3cm径のユニット×2を装備。これらのユニットからの音を前面板で圧縮し、高さ約1.5cmのスリット開口部から外部に放出することで、キレのよいダイナミックな音を再生するという。また、SRS WOWも内蔵している。

 インターフェイスは「faceネット」を採用。Ethernet端子を備え、電子番組表(EPG)はデジタル放送用EPGに加え、地上アナログ放送用にインターネット経由で利用するiNETを使用。文字サイズの切り替えや、高速ページ切り替え、キーワード・ジャンル検索なども行なえる。

 また、同社のハイブリッドレコーダ、RDシリーズとの連携機能「テレビdeナビ」も搭載。LAN接続されたテレビdeナビ対応RDシリーズの録画予約がテレビから行なえる。i.LINK端子は備えていないが、USB端子を用意しており、デジタルカメラなどとダイレクトで接続し、JPEG形式の静止画を表示できる。USBキーボードも接続可能。

 入力端子として、D4×1、S映像×2、コンポジット×3、アナログ音声を用意。デジタル放送の出力端子にはS端子、コンポジット映像、アナログ音声出力を用意を装備する。ほかにもヘッドフォン端子やUSB、Ethernet端子、モジュラー端子なども各1系統用意する。

 左右15度の首振り機能も搭載。消費電力は255W。スタンドを含む外形寸法は104.4×35.2×75.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は35.8kg。


■ 20LC100

20LC100

 1,366×768ドットのIPSパネルを搭載した20V型液晶テレビ。輝度は500cd/m2、視野角は上下左右178度。地上/BS/110度CSデジタルチューナと、地上アナログチューナを装備する。

 42LC100と同様に、「デジタル新頭脳メタブレイン」を搭載し、「ヒストグラム・ダイナミックガンマ」や、「カラーイメージコントロール」などの高画質化機能を装備する。専用インターフェイスの「faceネット」を備え、デジタル放送用EPGに加え、地上アナログ放送EPGをインターネット経由で取得するiNETも搭載する。RDシリーズとの連携機能「テレビdeナビ」も備えている。

 4cm径のスピーカーを4基搭載し、アンプ部出力は3W×2ch。入力端子は、D4×1、S映像×1、コンポジット×3、アナログ音声を用意。デジタル放送の出力端子には、コンポジット映像、アナログ音声出力を用意。ヘッドフォン端子やUSB、Ethernet端子、モジュラー端子なども各1系統装備する。

 左右15度の首振り機能と前後5度のチルト機能を装備。消費電力は106W。スタンドを含む外形寸法は53.8×25.1×44.2mm(幅×奥行き×高さ)、重量は9.9kg。

□東芝のホームページ
http://www.toshiba.co.jp/index_j3.htm
□ニュースリリース
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2005_06/pr_j0802.htm
□製品情報
http://www.toshiba.co.jp/product/tv/
□関連記事
【1月25日】東芝、液晶TV「face」新モデル4機種
−SEDも視野に入れた改良型「メタブレイン」採用
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20050125/toshiba.htm
【4月18日】東芝、デジタルAV製品のCMキャラクターに松井秀喜選手を起用
−フラットテレビは夏前に20型、42型の液晶テレビを拡充
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20050418/toshiba3.htm

(2005年6月8日)

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.