◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
松下、世界初の65型フルHD対応プラズマテレビ
−実売99万円で11月発売。「VIERAは国民的ブランド」


11月1日発売

標準価格:オープンプライス


 松下電器産業株式会社は、初のフルHD対応プラズマテレビ「TH-65PX500」を11月1日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は99万円前後の見込み。年間生産台数は12,000台。

TH-65PX500

 1,920×1,080ドットのフルHD解像度に対応したプラズマテレビ。新開発のパネルを搭載し、世界で初めてプラズマテレビとしてフルHD解像度を実現した。新パネルでは材料の改良や電極の波形の改善などにより開口率を約25%向上、さらに新開発の高速駆動技術の導入などで、輝度低下を防ぎながら、フルHD化を達成した。

 前面保護ガラスに「ディープブラックフィルター」を採用し、明るい環境下でも映り込みを低減。奥行き感ある映像表現を可能とした。また、独自のリアルブラック駆動方式により、暗所コントラスト3,000:1を実現している。


パネル材料などの見直しでフルHDパネルを実現 フルHDプラズマの特徴

 映像処理回路も新開発の「フルHD PEAKS」とし、デジタル放送のハイビジョン信号を入力から出力までフルHD直結処理を行ない、高画質な再生を実現。さらに最大14bitのデジタル信号処理や新たな駆動制御の導入により、豊かな階調を実現するとともに、階調不足によるノイズ感や黒つぶれを抑え、ディティールの描写力を高めている。

 6月に発売した他の「PX500シリーズ(50V/42V/37V型)」と同様に、3次元色空間でカラーマネージメントを行なう「ビビットカラークリエーション」を搭載し、色合いや明るさを独立して検出、より細かな制御を可能とし、自然な肌色再現や、明るく澄んだ空や芝生の緑などの「記憶にイメージのような美しさ」を実現するという。

 さらに、1ドット単位で輪郭補正を行なう「サブピクセルコントローラ」も搭載し、鮮鋭感を向上をさせているほか、PDPで発生しやすい疑似輪郭ノイズを独自のアルゴリズムで低減するという「モーションパターンNR(ノイズリダクション)」も搭載。NRも14bit処理を行なうことで、より細かなノイズ検出が可能となっている。

 テレビチューナは、地上/BS/110度CSデジタルチューナを2系統内蔵した「デジタルダブルチューナ」仕様で、地上アナログチューナも2系統装備する。デジタル2画面表示に対応するほか、ネットサービス「Tナビ」とテレビの同時表示にも対応する。

 デジタル放送EPGに加え、地上アナログもG-GUIDEを搭載。新たに「インテリジェントテレビ番組ガイド」を搭載し、ユーザーの好みの「ジャンル」、「人物」、「定番(いつも見る番組)」などを自動学習、おすすめ番組を最大20タイトルまで自動選択できる。おすすめ番組はEPG上でも[★]マーク付きで表示される。

 EPGは3/5/7/9チャンネル分用意され、最大8日分までの番組表表示が可能。ビデオデッキやDVDレコーダ/ビデオデッキ、SDメモリーカードへの録画予約も行なえる。接続したDIGAへの録画予約の場合は、番組タイトルも同時記録できる。

奥行きは最大140mm

 SDメモリカードスロットも搭載し、SDカードに記録したデジタルカメラ画像の表示のほか、SD-Video形式でのMPEG-4録画も可能となっている。デジタル放送の録画・再生にも対応しているが、SDに録画したデジタル放送を再生するには、再生機器がCPRMに対応している必要がある。

 記録モードは従来製品と同様で「エクトストラファイン」(320×240ドット/30fps)、「スーパーファイン」(320×240ドット/15fps)、「ファイン」(320×240ドット/12fps)、「ノーマル」(176×144ドット/12fps)、「エコノミー」(176×144ドット/6fps)の5モードが用意される。

 スピーカーは13cm×7cmのスピーカーを4基、5cm径のウーファを2基搭載し、最大出力は30W。映像入力端子は、HDMI×1、D4×2、S映像×3、コンポジット×3、アナログ音声×6(D端子専用×2)、アナログRGB(D-Sub15ピン)×1。i.LINKも2系統備えている。出力端子は光デジタル音声×1、モニター出力(S映像/コンポジット)×1、アナログ音声×1など。LAN端子も装備する。リモコンはPX500シリーズ共通の「らくらくリモコン」。

 外形寸法は1,754×99〜140×985mm(幅×奥行き×高さ)、重量は89kg(別売スタンド使用時114kg)。消費電力は745W、年間消費電力量は598kWh。別売オプションとして、据え置きスタンド「TY-ST65PX500」も用意。価格は104,790円。専用ローボードの「TY-VL200」は157,500円。また、既発売の壁掛け金具「TY-WK65PV(73,500円)」も利用可能。

かんたんリモコン 専用ローボード「TY-VL200」利用例


■ 「大画面はプラズマ。プラズマはパナソニック」

藤田正明PDPテレビビジネスユニット長

 「TH-65PX500」の製品開発については、映像・ディスプレイ デバイス事業グループPDPテレビビジネスユニットの藤田正明ビジネスユニット長が解説した。

 まず、65型フルHD PDP開発の理由を説明。「日本の住環境では約1.8mの視聴距離が最適とされるが、映画館並みの臨場感を得るためにはテレビに正対して45度の画角が必要となるという。しかし、1.8mで50型だと画角は35度になってしまい、テレビ視聴には適しているが映画には没入間が足りない。画角45度を実現できる65型は従来までの解像度だと画素が見えてしまうため、映画の鑑賞には適さない。そのため、65型でフルHDが映画の臨場感を家庭で実現する最適解と判断した」という。

 しかし、フルHD化によりセルの開口面積を小さくして高精細化すると、輝度の不足が課題となる。そのため、パネル材料や構造の見直しを進め、電極形状の改善などにより、開口率を約25%向上。さらに、パネル駆動の改善により輝度を25%向上させ、従来のパネルと同等の輝度を確保している。

 さらに年間消費電力も従来モデルより約26%低減しているという。開発から設計、製造工程のすべてを見直したことで、フルHD化を実現したが、「開発/設計/製造のすべてを持つパナソニックだからこそ、いち早くフルHD化を実現できた」とアピール。「フルHDのPX500を見てもらえば、“大画面テレビはプラズマ”、“プラズマはパナソニック”とあらためて認識してもらえると思う」と自信の程を語った。


1.8mで45度の画角が映画の臨場感再現に最適 三位一体の取り組みでフルHD化を実現


■ 「VIERAは薄型テレビを代表するブランド」。50型もフルHD化へ

牛丸俊三本部長

 パナソニックマーケティング本部の牛丸俊三本部長は、この夏商戦では「パナソニックのプラズマに高い評価を頂き、昨年のアテネオリンピック商戦の2倍の売上げを達成した」とプラズマテレビ事業の好調な推移を説明しながら、さらなる市場の拡大を予測。

 特に地上デジタル放送については「エポックメイキングな年になる。世帯普及率が年内に10%を超えると予想されるが、ご存じの通り10%を超えると普及の速度は加速する。さらに総務省が2006年度に地上デジタルの大々的なキャンペーンを予定しており、国を挙げてのデジタル移行が推進される。冬季オリンピックやWカップも控えており、デジタルの波は一層加速する」という。

 また、「デジタル家電の単価下落を危惧する声が新聞等で報道されるが、薄型テレビへのシフトによりパナソニックのテレビ平均単価は上がっている。また、平均単価も業界平均を上回っている」と、事業の垂直統合によるコスト競争力と、「VIERA」のブランド力についてアピール。「VIERAは薄型テレビを代表するブランド。国民的なブランドになった」と宣言した。

テレビの平均単価は薄型化推進で上昇 PDPのシェア70%を達成 37型以上ではプラズマが人気

VIERAは国民的ブランドに

 さらに37型以上でのプラズマの支持の高さについて言及し、「大画面ならプラズマ」を引き続き訴えていくという。そのプラズマ市場で今年度の上期はシェア70%、さらに直近の7月にはシェア77%を記録しており、37型以上の薄型テレビ全体でも40%のシェアを獲得。拡大する需要にこたえるべく、尼崎工場の稼動を前倒し、今秋にも本格稼動を開始するという。

 また、「TH-65PX500」については「フルHD/超大画面を100万円以下」、「PX50シリーズ」には、「超エコプラズマ」をキャッチフレーズに、既発売のPX500シリーズ3モデルとあわせ、計7モデルで年末商戦に望み、「“大画面プラズマ新時代”を築く」と宣言した。

 今後のフルHD対応PDPの今後の展開については、「より大型の製品については技術的には問題ないが、市場の動向を見ながら判断する。また小型については50型を目安に開発を進めている」という。なお、CMキャラクターには引き続き女優の小雪さんを起用する。

CMキャラクターの小雪さんも登場。新CMは黒猫に扮した小雪さんがVIERAの魅力をアピール。黒猫は「締まる黒」のイメージとのこと

 同時発表の低価格モデル「PX50」シリーズについては追って掲載する。

□松下電器産業のホームページ
http://panasonic.co.jp
□ニュースリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn050825-3/jn050825-3.html
□ニュースリリース(TH−65PX500)
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn050825-1/jn050825-1.html
□製品情報
http://panasonic.jp/viera/products/px500/
□VIERAホームページ
http://viera.jp/
□関連記事
【4月6日】松下、「VIERA」シリーズ一新。PDP3機種、液晶6機種を投入
−「映画を見るならプラズマ」で大画面の魅力を訴求
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20050406/pana1.htm
【4月6日】松下、「感動画質」を目指した50/42/37V型プラズマテレビ
−リビングでの高画質を訴求。デジタルダブルチューナ搭載
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20050406/pana1.htm
【2004年9月6日】松下、世界最大65V型の民生用プラズマディスプレイ
−チューナレスのモニター仕様、VIERAブランドで発売
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20040906/pana.htm
【2004年12月16日】松下、シェア40%に向けPDP国内第2工場のフル稼働を開始
−37型から65型までの月産10万台体制を確立
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20041216/pana.htm

(2005年8月25日)

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.