◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
松下、2層BD-ROM用パイロットラインの稼動開始
−容量50GBの2層ディスクを低コストで実現


12月5日発表


 松下電器産業株式会社は5日、米カリフォルニア州のトーランス市で稼動している再生専用Blu-ray Disc(BD-ROM)のパイロットラインに、2層ディスク製造用ユニットを導入。50GBのデータ容量を持つ2層BD-ROMの製造に成功したと発表した。同ラインは11月より稼動しており、12月末よりサンプル提供を開始する予定。

 トーランスの試作ラインは2005年4月に単層BD-ROMパイロットラインを導入。歩留まり80%以上を達成し、BD-ROMの量産性を実証。また、コスト面では光透過保護層に、紫外線硬化樹脂を用いたスピンコート法による保護層形成技術を開発。DVD並みの低コストでBD-ROMが製造できるとしていた。

 今回追加された2層製造ユニットでは、ディスクの中間層形成でも、安価な紫外線硬化樹脂を用いたスピンコート法が利用できるため、低コストで2層BD-ROMの量産が可能になるとしている。同社は「早期に高い稼動率と歩留まりも期待できる。これにより、大容量BD-ROMの量産化が可能となり、4時間以上のハイビジョン映像を低コストで提供するパッケージメディアとして普及を加速させたい」という。

 なお、同工場の稼動状況は、米ラスベガスで2006年1月5日から開催される総合家電展示会「CES 2006」にて、ビデオ映像にて公開される予定。

□松下電器のホームページ
http://panasonic.co.jp/
□ニュースリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn051205-1/jn051205-1.html?ref=news
□関連記事
【5月25日】松下、米トーレンスのBD-ROM試作ラインを初公開
−ハリウッド向けデモンストレーションを実施へ
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn051205-1/jn051205-1.html?ref=news
【5月9日】松下、BD-ROMの量産試作ラインを立ち上げ
−1層は5月、2層は12月に稼働。映画スタジオにアピール
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20050509/pana1.htm
【2004年12月22日】オリジン電気、BD-ROM製造装置を開発
−松下の協力で2005年夏に受注開始予定
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20041222/origin.htm
【2004年3月31日】BDF3社が、ブルーレイディスク製造コストの低減見通しを発表
−1層BD-ROMの量産コストは現行DVD-ROM並に
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20040331/bluray.htm

(2005年12月5日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.