◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
「攻殻機動隊 SSS」に日産のコンセプトカーが登場
−アニメと実車のコラボ。タチコマ・ロボットも


8月4日発表


9課のメンバーと日産コンセプトカーが共演
(c)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

 日産自動車株式会社株式会社プロダクション・アイジーは4日、11月24日にDVDリリースを予定している、アニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」の劇中に、日産のコンセプトカーを登場させるコラボレーション企画を発表。日産の銀座ギャラリーにて、コンセプトカーの展示を実施。神山健治監督らも出席した。

 「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」(以下SSS)は、テレビアニメシリーズ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の続編として製作されている約105分の長編。9月1日から「スカパー! パーフェクトチョイス160」のPPVにて先行オンエアされ、DVDはバンダイビジュアルが11月24日リリースする。価格は10,290円。

 今回のコラボレーションは、SSSの劇中に日産のコンセプトカーが登場するというもの。2005年ニューヨーク国際オートショーに出展された「スポーツコンセプト」と、同じく2005年北米国際自動車ショーに出展したインフィニティ「クラーザ」の2車種。自動車メーカーがアニメ作品に参画するのは、珍しい試みと言える。

会場で展示されたスポーツコンセプト クラーザ 細部に注目すると斬新なデザインが光る

アニメの中で再現されたコンセプトカー。車内も忠実に再現されている
(c)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

 このコラボのキッカケについて、プロダクションI.Gの石川光久社長は「あるイベントで六本木ヒルズに行って、2次会で沖浦(アニメーターの沖浦啓之氏)と飲んでいた。2人ともヒルズの雰囲気に溶け込めなくて、すみっこの方にいたのだけれど、そこに似たような雰囲気の2人が現れた。それが日産のデザイナーの方だった」と説明。

 両氏はパトレイバーや攻殻機動隊SACなどのファンで、「攻殻機動隊に出てくるバトーの車がカッコいい」などの話で盛り上がったという。そして、神山監督も交えてSSSでのコラボが決定。コンセプトカーの内装から外装まで、全てのデータをIGへ送ってもらい、それをもとにアニメスタジオで3D化し、映像の中に登場させた。

 石川社長によれば「本物の車のデータを頂いて、アニメの中で原寸大に再現した作品は今まで無いんじゃないか。もちろん、ただ単にデータを入れただけではなく、テールライトの光り方1つに至るまで、監督がこだわりぬいて映像化している」と見所を語った。

司会を担当した東京大学大学院の浜野保樹教授 日産のチーフデザイナー、中島敬氏 プロダクションI.Gの石川光久社長 神山健治監督

コンセプトアート
【8月5日訂正】
記事初出時、日産のチーフデザイナーの中島敬氏の肩書きと氏名が誤っておりました。お詫びして訂正いたします。

 コンセプトカーのデザインについて、日産のチーフデザイナーの中島敬氏は「スポーツコンセプトは、私がデザインしたティーダという車をベースにしています。一見すると、そぐそこを通り過ぎてもおかしくないような、ベーシックなデザインです。しかし、じっくりと細部を見ると、ラインやパーツが突然変異的な個性を持っている。“現実的に見えるのに非現実的”。そこが面白い所です」と解説。

 自らがデザインした車がアニメの中を走ることに関しては「若手を中心に、車のデザイナーもアニメなどに影響を受けている人が多い。そんな中、アニメの中で我々の車が走るという非常に光栄なこと。我々のモチベーションを高める方法として、今後も考えていきたい」と喜びを語った。

 神山監督は、SACシリーズと車の関係について「SACシリーズでは、意識的に車を多く登場させていた。ネット社会を描いた作品なのだが、ネットの中を情報が走っているだけでは映像にならないし、疾走感もない。そこで、ネットワークがここまで広がる前、一番エレガントに疾走していたインフラとはなにか? それを考えると自動車だった」と語った。

9課のメンバーはどんな車を好むのか? コンセプトカーをどのように乗るのか? 様々なアイデアが膨らんだという

私生活でも日産車と縁が深い両氏

 なお、コラボが決定した時、既にSSSの制作は開始されており「スケジュール的に急遽コンセプトカーを入れるのはギリギリだった」という。しかし「9課のメンバーがこの車に乗るというイマジネーションが広がってしまって、どうしても入れたかった。スタッフに助けられてなんとか間に合いました」と笑顔を見せた。

 ちなみに、神山監督が初めて買った車は日産のパルサーGTi-R。偶然にも中島氏がデザインした車だ。さらに、石川社長はエルグランドが愛車。今までは白い車種に乗っていたが、株式上場後は「黒字にしなきゃならないなと、黒いエルグランドに買い換えた」と笑う。両名とも、個人的にも日産との付き合いは深いようだ。

 DVDの仕様やSSSのストーリーなどの詳細は既報の通り。

映像に登場する女性は素子ではなくクロマ? バトーと対峙する意味深なシーンにも注目だ
(c)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

□関連記事
【7月3日】「攻殻機動隊S.A.C.」の続編「SSS」が11月にDVD発売
−約105分の長編。9月にスカパー! で先行オンエア
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060703/bandai.htm


■ タチコマ・ロボも登場。コンセプトカーの一般公開も

動くタチコマのロボットも登場

 会場には、自立し、動くタチコマのロボットも登場。こちらについては僚誌Robot Watchで詳しく紹介する。

 また、日産の銀座ギャラリーでは「攻殻機動隊 S.A.C. meets NISSAN」と題して、今回のコンセプトカーの一般公開も行なう。日時は8月5日から8月14日まで。開場時間は10時から20時まで。車の展示だけでなく、SSSの絵コンテや、最新トレーラー映像も楽しめる、ファン必見の内容だ。

一般公開は8月5日から 開場は日産の銀座ギャラリー

□日産のホームページ
http://www.nissan.co.jp/
□コラボレーションページ
http://www2.nissan.co.jp/EVENT/KOUKAKU/top.html
□バンダイビジュアルのホームページ
http://www.bandaivisual.co.jp/
□タイトル情報のページ
http://product.bandaivisual.co.jp/web_service/shop_product_info.asp?item_no=BCDR-1537
□「スカパー! パーフェクトチョイス160」のSSS紹介ページ
http://www.ppvj.co.jp/anime/special/0607sss/index.html
□関連記事
【3月27日】アニメフェアで「攻殻機動隊 S.A.C. SSS」のトークショー
−「タチコマは?」、「バトーの恋は?」監督ら登壇
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060327/taf.htm
【3月23日】アニメフェア2006で、「攻殻機動隊 S.A.C.」の続編が展示
−「ときめきメモリアル」がTVアニメ化
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060323/taf1.htm
【3月20日】アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」の続編が製作決定
−TV/映画/OVA「媒体は未定」。アニメフェアで映像公開
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060320/sac.htm

(2006年8月4日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.