◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
シャープ、“録画もできる”Blu-rayプレーヤー
−実売15万円。i.LINKからBD録画。レコーダは夏以降


3月20日発売

標準価格:オープンプライス


 シャープ株式会社は、Blu-ray Discプレーヤー「BD-HP1」を3月20日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は15万円前後の見込み。

 BD-HP1は、HDMIを搭載し、同社の液晶テレビ「AQUOS」からコントロールできる「AQUOSファミリンク」に対応したBlu-rayプレーヤー。BDビデオソフトのほか、BD-R/RE(1層)、DVD±R/RW、DVD-RAMの再生に対応する。

 「プレーヤー」のため、デジタルチューナは搭載しないものの、Blu-rayドライブはBD-RE(1層)への記録に対応。同社の液晶テレビ「AQUOS」や「AQUOSハイビジョンレコーダ」とi.LINKで接続し、AQUOSからBD-REへの直接録画が行なえるほか、AQUOSハイビジョンレコーダで録画した番組を「BD-HP1」でBD-REに書き出しできる。

 i.LINK(TS)は2系統装備。同社ではAQUOSからの録画を「ハイブリッド録画」、レコーダからの録画を「かんたんBDダビング」と命名している。


BD-HP1 前面パネルを開くとi.LINK録画ボタンなどが現れる トレー部

「ハイブリッド録画」、「かんたんBDダビング」の解説 BDプレーヤーの特徴

 ハイブリッド録画では、HDMI/i.LINKで接続したファミリンク対応AQUOSから録画が可能となる。液晶テレビAQUOSのデジタルチューナの入力信号を、i.LINKを経由しBD-HP1に送り、BD-REに記録する。リモコンの録画ボタンを押すだけで録画できるほか、AQUOSのEPGを利用した録画予約も行なえる。

番組表から録画したい番組を選択し、録画予約を実行 ファミリンク経由でコマンドを送信し、i.LINKを利用してデータを伝送

ムーブ/録画したBD-REを再生

 かんたんBDダビングは「AQUOSハイビジョンレコーダ(2004年以降発売のi.LINK搭載モデル)」と接続し、レコーダのHDDに録画済みのハイビジョン番組をBD-REにムーブできる。

 なお、「ハイブリッド録画/かんたんBDダビング」の対応機器はAQUOSシリーズの対象機種に限られ、他社製のi.LINK搭載テレビ/レコーダとの動作確認は行なっていない。

 そのほか、ファミリンク対応のAQUOSとHDMIで接続した場合、ディスクを入れて再生すると自動的にAQUOSの入力がBDに切り替わるなどの連動動作を実現。AQUOSの電源を切るだけで、BD-HP1の電源も連動してOFFとなる。リモコンは新デザインの「新ファミリモコン」。

 BD-HP1の記録メディアが1層BD-REのみ、BD-RE/Rの再生が1層のみとした理由については、「コストを優先させた。メディアがまだ高価ということもあり、(2層対応モデルの)商品化時期についてはマーケットの状況を見て決めていきたい(小田事業部長)」と説明する。

新ファミリモコン

 HDMI出力は1080pに対応。AQUOSに最適化した「1080p対応画像エンジン」を内蔵し、高画質化を図っている。映像DACは12bit/148.5MHz、音声DACは24bit/192kHz。D4出力やS映像出力、コンポジット出力、アナログ音声出力、7.1chアナログ音声出力、光/同軸デジタル音声出力を装備する。

 7.1chアナログ音声出力は、ドルビーデジタルプラス、ドルビーTrueHDの音声出力に対応。DTS HDについてはコアストリーム(5.1ch)出力となる。外形寸法は434×343×68mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約4.4kg。

背面。アナログ7.1ch出力やHDMIを装備する i.LINKは2系統

 また、ハイビジョンレコーダも一新。1TB搭載の「DV-ACW60」など5モデルを2月20日より順次発売する。価格は全てオープンプライス。


□関連記事
【2月14日】シャープ、AQUOSハイビジョンレコーダー5機種を発表
−Wチューナ3機種。BDプレーヤーとの連携も可能
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070214/sharp2.htm


■ 「一緒に夢を見た人に新しい機能を」。BDレコーダは夏以降

片山幹雄 専務取締役

 同社でAV・大型液晶事業統括する片山幹雄 専務取締役は、BDプレーヤーやAQUOSシリーズの製品戦略を説明した。

 地上デジタル放送の全国展開やAQUOSのフルHD化に言及し、「昨年末のAQUOSの販売構成は37型以上で約8割がフルHDになった。40型以上の割合もわれわれの予想以上に拡大しており、ハイビジョンの高画質映像を見たい、ディスクに残したいというニーズも高まっている」と市場の変化を解説。「年末にBDビデオソフトも手軽に購入できるようになった。リビングの中心となるテレビは単に受信映像を表示するだけでなく、高精細なパネルを十分に活かす提案が求められている」と説明し、その具体的な提案として「AQUOSファミリンク」をアピールした。

 Blu-rayを推進する理由については、「われわれは青紫色のレーザーの量産に成功している。その規模を拡大したい。そうした意味ではBDプレーヤーは戦略的な製品」と説明。BD-HP1については、「チューナーが無い。あくまでも“プレーヤー”」と位置づけながらも、同社の推進してきたi.LINK搭載レコーダ/テレビとの連携し、録画できることを説明し、「AQUOSシリーズと組み合わせることで、現在お持ちのシステムでBDの録画や再生ができる。これまでに無い新しい製品」と訴えた。

 また、同時に発表された新AQUOSハイビジョンレコーダの「フォトシステム」については、IrSSによる赤外線通信で簡単に写真をレコーダに蓄積できることを説明。「PCではパーソナルな楽しみ方だったが、テレビに簡単に表示することで家族みなで利用できる。画質、音質の良さはもちろん、リビングに団欒を、パーソナルから家族で楽しめる環境を作りたい」と語ったほか、「まもなく発表する新型AQUOS(液晶テレビ)にもIrSSを搭載する。今後も、AQUOSの大画面を活かす、新しい提案を続けていく」とAQUOSシリーズ全体の連携を訴えた。

小田守 デジタルメディア事業部長

 AVシステム事業本部 デジタルメディア事業部長の小田守氏は、テレビのHD化だけでなくビデオカメラのHD化、BDビデオソフトなど「ハイビジョンを楽しむ環境」を説明。「BDソフトの本数は2007年に3,000本を越えるだろう。DVDが普及した時もこの3,000本が目安になっていた」と本格的なBDビデオ市場の拡大への期待と、製品投入理由を語った。

 「ハイブリッド録画」、「かんたんBDダビング」の2つの機能については、「シャープはAQUOSでi.LINKにこだわってきた。だから、こうした機能を実現できる。いままで“シャープのフルハイビジョン”に一緒に夢をかけてくれた方が大勢いる。AQUOSのテレビやレコーダをお持ちの方、一緒に夢をかけてくれた人に新しい今までに無い機能を最初にお届けしたい。それが、i.LINKのW録画だったり、レコーダからBDへのムーブです。ほかのテレビを使っている人でも普通のプレーヤーとしては利用できる。でも、われわれと一緒にフルスペックのハイビジョンを追いかけてくれた方には新しい機能も届けたい」とAQUOSファミリーでの機能向上と、既存のユーザーを重視する姿勢を示した。


 なお、HDDを内蔵したBlu-rayレコーダの具体的な発売時期については明かしていないが、「今回は、お手軽な価格でBDのプレーヤーを市場に投入することを目指した。レコーダの開発は進めているが、今回は“春の陣”。夏から秋にご期待ください(片山専務)」とした。

□シャープのホームページ
http://www.sharp.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/070214-a.html
□関連記事
【1月9日】【CES】Blu-ray Disc編
「消費者の視点ではBlu-ray」。ソフト充実をアピール
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070109/ces10.htm
【2006年9月2日】【IFA】Blu-ray Disc編 各社がプレーヤーを発表
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060902/ifa03.htm

( 2007年2月14日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.