◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
シャープ、倍速駆動対応の新「AQUOS G」16モデル
−レコーダも一新。「薄型テレビは液晶が引っ張る」


新AQUOS Gシリーズ

8月21日より順次発売

標準価格:オープンプライス


 シャープ株式会社は液晶テレビ「AQUOS」のミドルレンジモデル「Gシリーズ」を一新。52/46/42/37/32/26型の合計16モデルをラインナップし、全モデルに120Hz駆動の「倍速ASV液晶パネル」を搭載する。発売日は8月21日。

52型のLC52GX3W/4W

 価格は全てオープンプライス。店頭予想価格は52型が55万円前後、46型が45万円前後、42型が40万円前後、37型が33万円前後、32型が22万円前後、26型が18万円前後の見込み。

 各サイズでアンダー/サイドスピーカーモデルが用意され、37型以上はフルHDパネル、32/26型はWXGAパネルを採用する。さらに全モデルで、「倍速ASV液晶パネル」を搭載し、残像感を低減している。


AQUOS Gシリーズ AQUOS Gシリーズ
型番 LC-52GX3W
LC-52CX35
(壁掛け用)
LC-46GX3W
LC-46GX35
(壁掛け用)
LC-42GX3W LC-37GX3W LC-32GH3 LC-26GH3
デザイン アンダースピーカー
パネルサイズ 52型 46型 42型 37型 32型 26型
パネル
解像度
1,920×1,080ドット 1,366×768ドット
発売日 8月21日
店頭予想
価格
55万円前後 45万円前後 40万円前後 33万円前後 22万円前後 18万円前後
型番 LC-52GX4W
LC-52GX45
(壁掛け用)
LC-46GX4W
LC-46GX45
(壁掛け用)
LC-42GX4W LC-37GX4W LC-32GH4 LC-26GH4
デザイン サイドスピーカー
パネルサイズ 52型 46型 42型 37型 32型 26型
パネル
解像度
1,920×1,080ドット 1,366×768ドット
発売日 8月21日
店頭予想
価格
55万円前後 45万円前後 40万円前後 33万円前後 22万円前後 18万円前後

従来モデル比で大幅な薄型化を実現

 従来モデル比で、体積を約4割削減(52型)。「業界最薄」というスタンド無しで8.1cmの薄型化を実現し、壁掛け設置モデルも用意した。HDMI端子は3系統装備し、37型以上では1080p入力をサポート。全モデルで、AQUOSファミリンクに対応する。

 また、「2台目需要」を狙った20型の液晶テレビ「LC-20EX3」も8月21日より発売。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は11万円前後の見込み。

 さらに、番組表を一新した、新「AQUOSハイビジョンレコーダ」5モデルや1ビットシアターラック「AQUOSオーディオ」の新モデル「AN-ACX2」も8月21日より順次発売する。


AQUOS ハイビジョンレコーダ
品番 仕様 HDD容量 店頭予想価格 発売日
DV-ACW80 デジタル×2
アナログ×1
フォトシステム
1TB 19万円前後 8月21日
DV-ACW75 500GB 13万円前後
DV-ACW72 250GB 11万円前後
DV-AC75 デジタル×1
アナログ×1
500GB 11万円前後 9月10日
DV-AC72 250GB 9万円前後

AQUOSハイビジョンレコーダ5モデルを投入 最上位モデル「DV-AVW80」 「AQUOSオーディオ」の新モデル


■ 「薄型テレビを牽引するのは液晶」

寺川雅嗣 AVシステム事業本部長

 同社取締役 AV・大型液晶事業統括 兼 AVシステム事業本部長の寺川雅嗣氏は、液晶テレビ市場における大型化などのトレンドを紹介しながら、AQUOS事業の国内展開について説明した。

 薄型テレビの世帯普及率について、「2006年末に35%突破し、2007年末には50%を超えるだろう。さらに、37型以上の世帯保有率も昨年の8%から、14%を超える。今後大型の市場が急速に拡大する」と切り出し、今年の薄型テレビ市場は812万台となると予測。「特に37型以上では、液晶/PDPをあわせて300万台を超え、大型化の流れが一気に拡大する。その中で液晶は37型以上で200万台に迫る。下期ではPDPの2.4倍となる見込みで、薄型テレビの大型化はプラズマでなく、液晶が引っ張っていく」と訴えた。

 そのため、7月中を目処に、亀山第2工場のマザーガラス投入枚数を現在の3万枚から、6万枚に拡張予定。また、欧州向けのポーランド工場では液晶モジュールからテレビまでの一貫生産を実施。北米向けのメキシコ工場も一貫生産を行なう第2工場を稼動。米国で需要の高い42型〜65型の製造拡大を図っていく。各工場での万全の供給体制の構築により、「国内の販売目標は前年比22%増の326万台、全世界では900万台を目指す」と意気込みを語った。

2007年内に薄型テレビの普及率が5割を超える 37型以上の大型テレビは国内で190万台を超える 国内販売目標は326万台

亀山第二工場の生産能力も拡充

 また、'97年〜2002年度に販売された約160万台の薄型テレビの買い替え時期が迫っていることから、こうした「買い替え需要」も有望な市場と考えて、製品展開を図っていくという。

 「大画面化に伴う課題」として、寺川事業本部長は、「消費電力の増加」と「設置スペースの拡大」の2点を挙げた。

 消費電力については、「独自技術によりいっそうの低消費電力化を図った。37型では5年前の製品と比較すると約30%消費電力を削減している。2008年度の省エネ基準の達成率も100%を大幅に超えている」と低消費電力と環境負荷の小ささを訴えた。

 設置スペースについては、「(52型で)従来比で体積比で約40%縮小。奥行きは業界最薄の8.1cmを実現した。インテリアに溶け込む設置が可能」としたほか、「5年前の製品と比較して、同じサイズで10インチ大きな画面を楽しめる」とアピールした。

5年前の同サイズに比べて、約30%の消費電力化を実現 薄型を訴求 5年前と比較し、同スペースに10インチ大型を設置可能に

 なお、Blu-rayを搭載したレコーダについては、「現時点では詳細は明らかにできないが、年末に向けて開発を続けている(AVシステム事業本部 小田守 デジタルメディア事業部長)」という。


□シャープのホームページ
http://www.sharp.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/070702-d.html
□関連記事
【7月2日】シャープ、フルHDで120Hz駆動対応の「AQUOS G」
−HDMI×3。業界最薄8.1cmを実現
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070702/sharp2.htm
【7月2日】シャープ、倍速で実売18万円からの「AQUOS G」26/32型
−WXGAタイプ。非倍速20型の「LC-20EX3」も
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070702/sharp3.htm
【7月2日】シャープ、新EPG採用のAQUOSハイビジョンレコーダ5機種
−Wチューナ/1TB HDDなど。「らくらく操作機能」採用
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070702/sharp4.htm
【2月20日】シャープ、「AQUOS史上最高画質」のフルHD液晶テレビ
−42〜65型。120Hz倍速駆動で残像低減
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070220/sharp2.htm

( 2007年7月2日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.