◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
イー・レヴォ、ツンデレワンセグTVのカスタマイズツールを配布
−「ハルヒ」キョンの妹似の音声も用意。静止画変更も


SEGNITY
10月26日公開


 イー・レヴォリューション株式会社は26日、発売中のツンデレワンセグTV「SEGNITY」の、ツンデレ音声とチャンネル変更時のイラストをカスタマイズする専用ツールを公開した。無償でダウンロードできる。

カスタマイズツール。タブでステージを切り替え、各ボタンに音声を割り当てる

 ツールの対応OSはWindows 2000/XP/Vista。チャンネル操作や音量調整、輝度調整などに応じた音声ファイルを設定可能。操作時間に応じて3つのステージ(ツン→ツンデレ→デレ)に音声が変化。1ステージで11カ所の音声が使われているため、最大33個の音声データを設定できる。

 なお、カスタマイズデータはminiSDカードに書き出し、「SEGNITY」で読み込ませるため、別途miniSDカードが必要となる。

 また、音声/効果音のサンプル集も公開。効果音サンプルには「車」、「航空機」、「ミリタリー」、「電車」が含まれる。音声サンプルは、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のキョンの妹や、「SHUFFLE!」のシア(リシアンサス)役などで知られる、あおきさやかさんが、キャビンアテンダントや女子生徒、うぐいす嬢などを演じている。特に「女子生徒」はキョンの妹の声に非常に良く似ている。

 さらに、メイドの音声をパックにしたものも用意。サンプル音声はバリエーションが10個前後と少ないが、メイドパックには33個の音声ファイルが収録されており、全ての操作/ステージに割り当てることができる。

 用意されたパック/サンプル以外にも、ユーザーが作成した音声ファイルが使用可能。フォーマットはMPEG-2 AAC LC準拠で、サンプリングレートは16bit、44.1/48kHzに対応。ビットレートは24kbps〜128kbpsまで対応しているが、ファイルサイズは1音声128KB程度までに制限されている。また、ツールにはフォーマット変換機能は備えていない。

 ボイスナビゲーションモードにおける、チャンネル変更時の表示イラストも変更可能。JPEG/BMPが利用でき、適正サイズは320×216ドット。最大4,096×3,072ドットまで指定可能だが、ツールで自動縮小される。登録可能枚数は64枚。

□イー・レヴォリューションのホームページ
http://www.e-revolution.co.jp/
□製品情報
http://www.e-revolution.co.jp/zakka/segnity/index.html
□ツールとサンプル音声配布ページ
http://www.e-revolution.co.jp/zakka/segnity/customize.html
□関連記事
【9月20日】ツンデレワンセグテレビにデレデレしてみる
−意外に険しい「デレ」への道。カスタマイズに期待
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070920/erevo2.htm
【7月25日】ツンデレワンセグTV「SEGNITY」が進化して再登場
−声優ボイスに変更。ツンデレ変化が3段階に
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070725/erevo.htm
【6月28日】ハイテク玩具が集まる「東京おもちゃショー2007」開幕
−“ツンデレ”ワンセグ開発停止。変形ロボ型イヤフォン
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070628/toys.htm
【1月23日】タカラトミー、世界初の“ツンデレ”ワンセグテレビ
−購入当初はツンツン、使い込むとデレデレに
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070123/toyf2.htm

(2007年10月29日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.