◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
オンキヨー、AQUOS連携対応HDMI 1.3搭載AVアンプ
−AQUOS/VIERA/REGZAとリンク。84,000円


4月29日発売

標準価格:84,000円


 オンキヨー株式会社は、デジタルテレビとの連携を強化したHDMI 1.3搭載AVアンプ「TX-SA606X」を4月29日より発売する。価格は84,000円。ボディカラーはゴールドとシルバーの2色が用意される。

TX-SA606X(ゴールド) TX-SA606X(シルバー)

 バージョン1.3a対応のHDMI入力を4系統、出力を1系統備えたAVアンプ。HDMIを利用したAVシステム連動機能「HD RI」の対応デジタルテレビを拡充し、松下電器産業「VIERA」のVIERA Link、東芝の「REGZA」レグザリンク対応に加え、2008年4月以降発売のシャープ「AQUOS」のAQUOSファミリンク機能に対応。これらのテレビのリモコンから、電源連動や音声出力切り替え、ボリューム制御などの操作が可能となる。

 BDビデオなどに収録されるドルビーTrue HDやDTS-HD Master Audioなどの最新オーディオコーデックのデコードにも対応。HDMI入力したビットストリーム音声をTX-SA606Xでデコードし、出力できる。Deep Color(36bit)や、x.v.Colorにも対応する。

 アンプ部の最大出力は185W×7ch(6Ω)。独自のVLSC回路の搭載やグランド電位の安定など、ノイズの排除を徹底し、音質の向上を図っている。圧縮された音楽ファイルの高音質化処理する「ミュージックオプティマイザー」や、小音量時のサラウンド効果を高める「Audyssey Dynamic EQ」も搭載。アナログ入力信号を720p/1080iにアップコンバートするビデオスケーラー機能も備えている。

 HDMI以外の入出力端子は、映像入力がD4端子×2、コンポーネント×2、S映像×4、コンポジット×5。映像出力がD4端子×1、コンポーネント×1、S映像×2、コンポジット×2。音声入力は光デジタル×2、同軸デジタル×2、アナログ音声(2ch)×7、7.1ch×1、音声出力は光デジタル×1、アナログ音声×2、7.1ch出力×1。ヘッドフォン出力も装備する。外形寸法は435×375×174.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は12.4kg。プリプログラム対応のリモコンが付属する。

□オンキヨーのホームページ
http://www.jp.onkyo.com/
□ニュースリリース(PDF)
http://www.jp.onkyo.com/txsa606x/080325txsa605x.pdf
□関連記事
【2007年5月25日】オンキヨー、世界初HDMI 1.3a搭載7.1ch AVアンプ
−TrueHD、DTS-HDなどに対応。84,000円の低価格機も
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070525/onkyo.htm

( 2008年3月25日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.