◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
東芝、自動画質調整/サーバーダビング対応の新REGZA
−「ドンピシャ高画質」。300GB HDD/ワンセグ録画対応も


5月上旬より順次発売

標準価格:オープンプライス


 株式会社東芝は、液晶テレビ「REGZA」の上位シリーズ「ZH500」と「ZV500」合計4製品を5月上旬より順次発売する。

 最上位シリーズの「ZH500」は、52型の「52ZH500」と46型の「46ZH500」の2モデル、ZV500は42型「42ZV500」と37型「37ZV500」をラインナップ。ともに、LAN HDD録画やUSB HDDへのデジタル放送録画に対応し、ZH500のみ300GBのHDDも内蔵する。価格はいずれもオープンプライス。主な仕様や店頭予想価格は以下の通り。

型番サイズパネル解像度録画機能発売日店頭予想価格
52ZH50052型1,920×1,080ドットLAN HDD
USB HDD
内蔵HDD
5月上旬60万円前後
46ZH50046型50万円前後
42ZV50042型LAN HDD
USB HDD
6月中旬40万円前後
37ZV50037型35万円前後

ZH500シリーズ 52ZH500 46ZH500
ZV500シリーズ 42ZV500 37ZV500


■ 新「おまかせ」モードで“常に高画質を”

第5世代のパワーメタブレインを搭載

 いずれも1,920×1,080ドットのフルHDパネルを搭載し、120Hzの倍速駆動に対応する。パネルメーカーは非公開だが、いずれも倍速10bit広色域パネルで、52/46型のZH500はVA系で「シャープ製ではない」(同社)。42/37型の「ZV500」はIPS系のパネルを採用する。

 また、パネル前面の光拡散を従来のノングレアパネルよりも抑えた「ハーフグレア」とし、グレア(光沢)パネルに近い光透過効率と、映り込みの抑制の両立を図っている。

 映像エンジン「パワー・メタブレイン」も第5世代となり、処理能力の向上とともに、アルゴリズムの改善などを図り、画質を向上した。シャープネスの制御の改良や、質感表現の向上などの画質面での多くの改善が図られているが、画質面の最大の特徴は映像モード「おまかせ」を搭載したこと。


・「おまかせドンピシャ高画質」を新搭載

おまかせモード。各種機能も呼び出し可能

 REGZAでは、「あざやか」、「標準」、「映画」、「映画プロ」、「テレビプロ」などの画質モードが用意されている。しかし、東芝の購入者アンケートにおける「映像モードを使ったことがありますか?」との質問には、23%が「知らなかった」、35%が「変えたことがない」と答えるなど、「約97%のユーザーが、視聴環境やコンテンツに応じて最適な画質に調整していない」という結果が出たという。

 そのため、外部環境に応じて、最適な画質モードをREGZAが判別し、表示する「おまかせ」モードを新搭載。映像を解析し、ビデオ素材やフィルム素材などを判別して最適な画質で表示するだけでなく、視聴している時刻や、部屋の輝度、照明の色温度などの情報から、周囲の環境を把握。視聴環境に最適な画質を自動で判別し、表示する。前面の表示部の下に明るさセンサーを搭載。ユーザーが設定する項目は、周辺の照明の色の「蛍光灯色」と「電球色」の選択のみで、REGZAが環境に応じて、色温度や輝度など、画調モードなどを自動調整する。


ユーザー調査によれば、「テレビの画質モードは使われていない」 明かりを落とすと、従来製品では輝度が高いままだが、おまかせモードでは周囲の明かりの変化にあわせて、輝度を抑え、画調を変えている 「おまかせドンピシャ高画質」のための各種技術を導入

 たとえば、日中のリビングでは1,500ルクス程度の明るさになるため、「あざやか」モードに近いメリハリがあり、色鮮やかな映像に自動調整。夜のリビングでは50〜400ルクス程度となるため、夜の照明色に色温度を最適して、「標準」モードに近い落ち着いた画調となる。さらに、20ルクス程度の暗いリビングでの映画視聴時には、「映画プロ」モードに近い、輝度を抑えたモードに切り替わる。また、映画/ビデオの自動判別など、映像素材の情報も解析し、ソースにあわせた最適な画調を再現するという。

おまかせモードの活用イメージ

 具体的には、環境情報と映像素材情報をもとに、バックライトやG/Bドライブ、ガンマ制御、色の濃さ、色合い、シャープネス、Vエンハンサなどの各項目を適応的に制御。画調の切り替えも、視聴者に不自然と感じさせないよう、なだらかに切り替わる。なお、PC入力時については、バックライトのみを自動制御するという。

 同社では、「おまかせ」モードに導入したこれらの技術/機能を総称し「おまかせドンピシャ高画質」と命名。「視聴環境を問わずに、常に高画質」とアピールしていく。

 そのため、店頭でも積極的に訴求し、「ヤッターマン」の各キャラクターに起用した専用のプロモーションビデオを製作。「ドンピシャ高画質」をアピールする。同技術はZH/ZVシリーズだけでなく、同時に発表されているRH、CVシリーズでも採用されている。なお、製品出荷時の初期設定も、「おまかせ」モードとなる。

店頭用の「おまかせドンピシャ高画質」デモ用POP POPのボタンを押すと、ヤッターマンのキャラクター達が、おまかせドンピシャ高画質や録画機能を説明する

 また、「明るさ調整画面」や「ヒストグラム/質感リアライザー特性画面」もおまかせモードから呼び出し可能。おまかせモードの映像設定画面で、リモコンの[赤ボタン]を押すと明るさセンサー調整画面が、[緑ボタン]を押すと輝度分布ヒストグラムが現れる。

 ヒストグラム/質感リアライザー特性画面では、表示映像のヒストグラムや、ガンマ特性などが解析でき、これらの情報をもとに画質調整が行なえる。

明るさ調整 ヒストグラム/質感リアライザー特性画面 おまかせモードの照明色を選択

・新シャープネス制御の導入などで画質も向上

 おまかせモードの導入だけでなく、画質面でも向上も図った。最新パネルの採用によるコントラストの改善に加え、新機能としてシャープネス・オプティマイザーを搭載。映像製作側の過度なイコライジングによるギラつきの低減や、SD素材をアップコンバートした番組におけるボケ感の改善、カメラの水平パン時の撮像ボケなどを低減したという。

 また、新パワー質感リアライザーも導入。最暗部から最明部までのダイナミックレンジをZ3500比で最大10%拡大したほか、ほの暗い映像での階調性向上や、人物の顔などの肌色の輝度感、階調性などを向上しているという。また、倍速駆動についても、アルゴリズムの見直しなどで最適化が図られている。


■ DTCP-IPムーブやワンセグ録画など録画機能も大幅強化

ZH500シリーズは、東芝製2.5インチHDDを内蔵する

 また、REGZA Zシリーズの大きな特徴といえる録画機能も大幅に強化。別売のUSB HDDやLAN HDDへの録画に加え、ZH500シリーズでは、容量300GBの2.5インチHDDも内蔵し、本体のみでデジタル放送録画が可能となっている。

 同社によれば、Z3500シリーズ購入者への調査において、購入者の約36%が購入理由として「市販HDDに録画できる」と回答。また、外付けHDDを接続していますか? との問いには78%が「既に接続している」、14%が「これから接続する」と答えており、ほぼ9割がHDD録画機能を重視しているとの回答を得たという。こうした状況から、録画機能のさらなる強化を図っていく方針という。

 チューナは地上/BS/110度CSデジタルを各2系統、地上アナログを1系統装備。番組表は組表は7チャンネル/6時間の番組表示が可能な「レグザ番組表・ファイン」で、新たに番組情報の表示量を拡充した。

REGZA Z3500シリーズのユーザーは約9割が録画機能を重視 新デザインの「レグザリモコン」

 また、録画機能の強化にあわせて、付属リモコンも改良。新たにダイレクト録画ボタンの追加など録画系のボタンの拡充が図られ、録画番組から直近のニュースをワンボタンで呼び出す「今すぐニュース」、視聴中の番組を一時停止して、あとで視聴できる[ちょっとタイムボタン]などを装備した。

 さらに、録画リストボタンも備え、ワンボタンで録画番組リストを呼び出し可能とした。録画番組の1.5倍速早見再生にも新たに対応した。

番組表は「レグザ番組表・ファイン」 連ドラ予約などの設定も可能 録画リストをワンボタンで呼び出し

 USB HDD、LAN HDD、ZH500の内蔵HDDの相互のHDDの間でムーブが可能。また、6月に放送開始が予定されている「ダビング10」にも対応予定で、録画したダビング10番組は、デジタル放送録画出力端子を介してSD解像度で出力し、外部機器で録画できる。

DTCP-IPによるムーブ機能「サーバーダビング」を搭載

 また、「サーバーダビング」にも対応。DTCP-IP ver.1.2をサポートし、REGZAで録画したデジタル放送番組をアイ・オー・データ機器のレコーディングHDD「HVL4-G2.0(111,615円)」にムーブできる。

 ムーブ速度は、「約1.1倍速(アイ・オー・データ機器)」で、ムーブ中はREGZAの録画はできない。なお、HVL4-Gへの直接録画は対応しない。HVL4-Gにムーブした番組は、他社製のDTCP-IP対応クライアント機器で視聴できる。

 さらに、SDカードスロットを装備するZH500シリーズでは、録画時にフルセグだけでなく、ワンセグ番組もmicroSDカードに録画する「ワンセグ録画」機能を搭載。microSDカードを取り出して、Softbank 921Tなど「レグザケータイ」などにカードを入れて、ワンセグ番組を視聴できる。

 なお、同社が正式サポートを謳う携帯電話は、auのW52T/W53T/W54T/W56T/W61Tとソフトバンクの912T/920T/921Tだが、SD-Video(ISDB-T Mobile Video Profile)形式で記録しているため、ワンセグ録画対応のSDスロット搭載ケータイの多くで視聴できる見込み。また、gigabeat V41/V81でもmicroSDに録画したワンセグ番組を視聴できる。

ワンセグ録画番組をレグザケータイで視聴できる 録画したワンセグ番組を番組リストから確認 ワンセグ番組用の録画リストも呼び出し可能

ひかりTVに対応

 ネットワーク機能も強化し、MPEG-4 AVC/H.264デコーダを内蔵。新たに「アクトビラ・ビデオフル」が視聴可能となったほか、NTTぷららによる映像配信サービス「ひかりTV」にも対応する。

 また、DLNAクライアント機能を搭載し、PCなどのDLNAサーバー上のビデオ、JPEG画像などをREGZAから再生できる。



■ HDMIは4系統搭載。ドルビーボリュームも初採用

ZH500の背面 ZH500の側面

 全モデルで4系統のHDMI入力端子を装備。いずれも1080/60p、24p入力に対応するほか、x.v.ColorやDeepColorもサポートしている。また、レコーダ「VARDIA」やノートPC「Qosmio」や各社AVアンプ、オーディオシステムとの連携が可能な「レグザリンク」にも対応している。

 新たに別売のUSB Bluetoothレシーバ接続時に、レグザケータイの撮影写真をBluetooth経由で視聴できる機能を搭載。また、USBメモリやネットワーク上の写真の表示機能も搭載した。

 音響面では、ZH500シリーズに、2.5cmツイータと3.5×16cmフルレンジ、3×8cmウーファの3ウェイ6スピーカー構成の新スピーカーシステム「パワー・レグザオーディオ」を搭載。最大出力33Wのデジタルアンプを搭載し、引き締まった低域と伸びのある高音を実現したという。

 ZV500シリーズは、竹繊維を使用した新スピーカーシステムを採用した「新レグザオーディオ・プロ」で、ユニット構成は3.5×16cmフルレンジユニット×2。竹繊維スピーカーの採用により、音速を約20%向上し、共振歪みの低減による伸びのあるクリアな音質を実現したという。


レグザリンクでVARDIAやAVアンプなどと連動 ZH500の「パワーレグザオーディオ」

 さらに、テレビとしては世界で初めて「ドルビーボリューム」を搭載。テレビのチャンネル間音量差や、映画音声の急峻な音量の変化などを抑えながら、楽曲やセリフなど、コンテンツ本来の迫力やニュアンスを正確に再現する。小音量でも聞き取りやすい音声を再現でき、快適な音量でテレビを楽しめるという。

型番52ZH50046ZH50042ZV50037ZV500
シリーズZH500ZV500
サイズ52型46型42型37型
パネル解像度1,920×1,080ドット
パネル方式120Hz駆動VAパネル 120Hz駆動IPSパネル
画像エンジンパワーメタブレイン
x.v.Color
DeepColor
視野角178度
チューナ地上/BS/110度CSデジタル×2、地上アナログ×1
内蔵HDD
(300GB)
-
音声出力10W×2ch+13W10W×2ch
入出力端子HDMI入力4(1080/60p、24p対応)
D4入力2
S映像入力2
コンポジット4
HDMIアナログ音声入力1
i.LINK2
Ethernet3(LAN HDD、ひかりTV専用を各1系統)
USB2
デジタル放送録画出力1(S1映像出力端子)
光デジタル音声出力1
レグザリンクHDMI連動、USB、LAN HDD、
DLNA、i.LINK、SDカード、Bluetooth
HDMI連動、USB、LAN HDD、
DLNA、i.LINK、Bluetooth
SDスロット -
ワンセグ録画 -
ブロードバンドインターネット、アクトビラ・フル、ひかりTV
消費電力372W325W未定未定
年間消費電力量276kWh/年261kWh/年未定未定
外形寸法125.7×36.8×84.2cm1,113×31.3×75.2cm100.9×31.3×69.8cm90.2×25.8×63.5cm
重量43.5kg32.7kg未定未定

□東芝のホームページ
http://www.toshiba.co.jp/index_j3.htm
□ニュースリリース
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2008_04/pr_j0902.htm
□製品情報(ZH500)
http://www.regza.jp/product/tv/lineup/zh500/concept.html
□製品情報(ZV500)
http://www.regza.jp/product/tv/lineup/zv500/concept.html
□REGZAのホームページ
http://www.regza.jp/product/tv/top.html
□関連記事
【2007年8月20日】東芝、倍速/USB HDD録画対応のフルHD液晶テレビ
−レグザリンク対応37〜57型「REGZA Z3500」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070820/toshiba2.htm

( 2008年4月9日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.