◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ソニー、「EX BASS」シリーズのカナル型イヤフォン
−ユニットの気密性を高めた低域重視モデル


MDR-XB40EX(右)とMDR-XB20EX(左)

11月10日発売

標準価格:「MDR-XB40EX」6,195円
       「MDR-XB20EX」3,675円


 ソニーは、低音を重視したサウンド設計のヘッドフォン/イヤフォン「XBシリーズ」(EXTRA BASS)のカナル型(耳栓型)イヤフォン2モデルを11月10日に発売する。価格は、13.5mm径ユニット搭載の「MDR-XB40EX」が6,195円、9mm径ユニットの「MDR-XB20EX」が3,675円。

 同日に発表されたヘッドフォンMDR-XB700/500/300と同様に、クラブ/ヒップホップなど、超低音のベースライン/リズムが使われる音楽向けに設計された、低域重視のイヤフォン。

 内部を固くすることで音道を確保するハイブリッドシリコンイヤーピースを採用することで、耳との間の気圧を高め、低域の漏れ防止を徹底。さらに、ガスケットやシーリングなどの部品を用いることで、筐体内部の気密も確保。低音域の再生能力を強化した。 同社はこれらを総称して「ダイレクトバイブストラクチャー」と呼んでいる。

 XB40EXは、ユニットが耳穴に対して垂直になることで、ユニットが耳穴にぶつからず、ピースをさらに奥まで挿入できる「密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式」を採用。XB20EXは、ユニットに対して角度を持たせたイヤーピースの「アングルド・イヤーピース」構造を用いている。

 イヤーピースはS/M/Lの3種類を同梱。ケーブルはフラットタイプのY型で、長さは1.2mのリッツ線。プラグは金メッキのL型ステレオミニ。キャリングポーチやクリップも同梱する。

型番 MDR-XB40EX MDR-XB20EX
形式 密閉型バーティカル
イン・ザ・イヤー方式
アングルド・
イヤーピース方式
ドライバ 13.5mm径
CCAWボイスコイル
9mm径
CCAWボイスコイル
最大入力 100mW
インピーダンス 16Ω
感度 105dB/mW 103dB/mW
再生周波数帯域 4Hz〜24kHz 5Hz〜23kHz
重量
(コード除く)
約9g 約6g


MDR-XB40EX MDR-XB20EX


□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200809/08-0925/
□製品情報 (XB40EX)
http://www.ecat.sony.co.jp/headphone/product.cfm?PD=32719&KM=MDR-XB40EX
□製品情報 (XB20EX)
http://www.ecat.sony.co.jp/headphone/product.cfm?PD=32721&KM=MDR-XB20EX

( 2008年9月25日 )

[AV Watch編集部/nakaba-a@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.