◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
「FPD International 2008」。シャープが次世代液晶展示
−4K液晶の実用化も。各社が低消費電力をアピール


会期:10月29日〜31日

会場:パシフィコ横浜

入場料:2,000円(事前登録者無料)


 フラットパネルディスプレイの総合展示イベント「FPD International 2008」が29日に開幕した。会場は神奈川県・横浜市のパシフィコ横浜。入場料は2,000円で、事前登録者は無料。

 液晶やプラズマディスプレイパネル、有機ELパネルをはじめ、検査装置、部材、設計支援、応用製品などディスプレイ関連業界の各社が出展している。主催は日経BP社。


■ シャープは新世代液晶パネルを展示。4Kの実用化も

 シャープは大幅な低消費電力化を図った新世代液晶パネルを展示している。次世代のAQUOSに搭載予定というパネルで、52型/1,920×1,080ドットのフルHD。

 液晶の透過率を大幅に向上したほか、光学シートの最適化などにより、消費電力を従来の半分近くにまで削減できるという。比較用の従来パネルとバックライトなどは共通のものを使用しながら、消費電力削減を実現している。なお、今回のデモ用機材ではコントラストや色再現については従来パネルから大きな変更は行なわれていない。

シャープの新世代52型液晶パネル 従来モデル(右)との消費電力比較

4K液晶ディスプレイ。左にオリジナル画像、右にアップコンバート後の画像を入力し、情報量の違いをアピールした

 また、解像度4,096×2,160ドットの4K/65型液晶ディスプレイの実用化に向けたデモも実施。フルHDの映像を独自のアップコンバート技術を用いて、4倍となる3,840×2,160ドットとし、フルHDの映像と比較表示している。

 4Kパネルで、フルHDを単に拡大表示すると、映像がボケてしまうため、独自のアルゴリズムを開発。4Kパネルで精細感ある表示を可能とした。4Kのディスプレイの立ち上げ期には、パネルは4Kでも表示ソースはフルHDなどが多くなることが予想される。そのため、同技術の開発に取り組んでいるという。

 シャープでは、2009年の4Kディスプレイの実用化を予定している。当初はデジタルシネマを想定して開発していたが、市場の立ち上がりは金融や医療、空港管制などの特定業務向けが先行する見込みという。そのため、ブースでも想定される用途にあわせた、利用例を紹介している。製品化の際のパネルサイズについても、今後供給先と協議の上、決定する予定。


医療や広告、金融などさまざまな用途での利用を想定している


■ 低消費電力化に各社が注力。LEDや高コントラスト技術も

IPSαの新32型/37型液晶パネル。消費電力を大幅に削減した

 IPSアルファテクノロジは、32型のフルHD/ワイドXGAと、37型フルHDパネルなど、次世代の液晶IPSαパネルを展示。いずれも、従来比で24%〜45%以上の消費電力削減を実現している。光学シートの改善やバックライトの削減などにより、低消費電力化を実現するという。

 テレビ用液晶ディスプレイモジュールにおいては、部分駆動のLEDバックライトも各社が展示している。SamsungやAUO、CMOなどがブースにてデモを行なっているが、各社が画質だけでなく、低消費電力性能も強くアピールしている。

 AUOのLEDバックライト液晶は、RGB LEDを採用し、1,296エリアを制御。コントラスト向上とともに、低消費電力化を実現するという。


AUOのRGB LEDバックライト液晶。1,296エリアの制御を行ない、コントラスト感を向上 LGディスプレイも部分駆動による低消費電力化をアピール CMOの薄型LEDバックライト液晶
LGディスプレイ(左)やSamsung(右)が240Hz駆動の液晶ディスプレイを発表 AUOはコントラスト比8,000:1の新液晶パネル(上)を披露


■ 篠田プラズマが展示会に初登場

篠田プラズマが125型のPTAを展示会に初出展

 篠田プラズマは、独自のプラズマチューブアレイ(PTA)方式を採用した新ディスプレイ「SHIPLA」を国内の展示会で初披露している。2009年春の発売を目指し、開発を進めており、すでにディスプレイメーカーにモジュールのサンプル出荷を行なっている。

 PTAは、プラズマに近い発光原理を持ち、RGBの各蛍光体をそれぞれ塗布した長さ1m、約1mm厚のガラスチューブを並べ、2つの電極フィルムでガラスチューブを挟みこむ構造をもつディスプレイ。超薄型とともに、従来のPDPの約1/10という軽量化や、曲面や円筒形など、フレキシブルな形状のディスプレイを実現できることが特徴。

 篠田プラズマはPTAモジュールを製造し、製品メーカーに供給するビジネスモデルを構築する予定だが、今回の展示機は自社開発したもの。長さ1m、厚さ1mmのガラスチューブをつなぎ合わせたフィルム状のモジュールを組み合わせた横3m、縦1mの125型ディスプレイとなる。解像度は960×360ドット(横×縦)で、消費電力は最大600W、標準400W。寿命も通常のプラズマディスプレイの倍以上を確保できるため、今後デジタルサイネージを中心に展開していくという。

折り曲げて表示も可能となっている PTAのモジュール

□関連記事
【5月15日】篠田プラズマ、125型の曲面表示ディスプレイを開発
−横3mのPTAモジュールを開発。製品開発でヒビノと提携
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080515/shinoda.htm


■ その他

TDKのパッシブ型フルカラー有機ELディスプレイ

 TDKは、アクティブマトリックス側ではない、パッシブ型の有機ELディスプレイでフルカラー表示を実現。3型/432×240ドットのパネルを参考出展している。

 TDK独自のカラー方式と、ダイアログ・セミコンダクター製のドライバIC「SmartXtend」の採用により、パッシブ型でもフルカラー表示を可能とした。コントラストは1,000:1、輝度は250cd/m2、視野角は150度。

 また、NECディスプレイや東芝松下ディスプレイテクノロジーなどが、ハート型など変形液晶ディスプレイを出展。3Dディスプレイについても各社が参考展示を行なっている。


NECのハート型液晶 東芝松下液晶ディスプレイは車載向けの丸型液晶を参考展示 LGは1〜6型まででさまざまなタイプの変形液晶を披露
AUOのフレキシブル液晶 Samsungの14.3型電子ペーパー 日立ディスプレイも折り曲げ可能な車載用液晶を参考出展

□FPD International 2008のホームページ
http://techon.nikkeibp.co.jp/fpd/2008/index.html
□関連記事
【10月29日】「FPD International 2008」開幕
−Samsung SDIが40型有機ELや4K PDPなどを出展
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081029/fpd1.htm
【2007年10月24日】「FPD International 2007」開幕。“薄型”に各社注力
-最薄液晶/有機ELや10bit FEDなど
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20071024/fpd.htm

( 2008年10月29日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.