◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
SME、BDの技術を使った高音質CD「Blu-spec CD」
−60タイトルを12月24日発売。2,500円から


11月5日発売


 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントは、Blu-ray Discの技術を応用して高音質化を図った音楽CD「Blu-spec CD(ブルースペックCD)」を開発。ソニーミュージックジャパンインターナショナルが、同技術を採用した第1弾作品60タイトルを12月24日より発売する。

 Blu-spec CDは、製造時にBlu-ray Disc向けの製造技術や素材を利用することで高音質化を図ったCD。通常の音楽CD(CDDA/レッドブック)の規格に準拠しており、既存のCDプレーヤーでそのまま再生できる。

 技術的な特徴は、BDで利用される「Blue Laser Diode(BLD)」カッティングの導入と、BD用の素材として開発された高分子ポリカーボネートの採用の2点。

 BLDカッティングでは、最適化された光ファイバの採用により、ビーム品質を向上。より短波長のブルーレーザーを用いることで、極微細加工を実現している。さらに、半導体レーザーの採用により、カッティングマシンの冷却効率を向上させ、ファンなどによる振動を排除。正確なカッティングを実現できるという。

 また、高分子ポリカーボネートの採用により、ジッタノイズを低減。スタンパ(金型原盤)に刻まれたピットをポリカーボネートにより正確に転写することにより、ジッタを排除し、マスターテープ品質を実現するという。

BLD+光ファイバでビーム品質を向上 高分子ポリカーボネートを採用

 Blu-spec CDを採用した作品は12月24日より、ソニーミュージックジャパンインターナショナルが販売開始する。価格は2,500円〜4,200円で、2,500円が中心となっている。

 第1弾として、「ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調『合唱』」(クラウディオ・アバド/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)、「アヴェ・マリア」(キャスリーン・バトル)などのクラシックや、マイルス・デイヴィス「カインド・オブ・ブルー」、「オン・ザ・コーナー」やビル・エヴェンス「ピアノ・プレイヤー」などのジャズ、ELO「ディスカバリー」、ザ・バーズ「ミスター・タンブリン・マン」などのポピュラー作品が合計60タイトル用意されている。

 今後も、旧譜カタログの増強だけでなく、新譜の発売にも積極に取り組み、Blu-spec CDの採用を促進していくという。また、Blu-spec CDだけでなく、ユニバーサルミュージックなどが提案している「SHM-CD」や、EMIなどが手がける「HQCD」など、各社が高音質CDに取り組んでいるが、SMEではBlu-spec CDを同社関連作品だけでなく、他社への採用も呼びかけていくとしている。

□SMEのホームページ
http://www.sme.co.jp/
□ニュースリリース(PDF)
http://www.sme.co.jp/pressrelease/images/20081105.pdf
□関連記事
【7月30日】高音質CD「SHM-CD」の製造にSMCが参加
−他のレコード会社参入に向けて、量産能力を拡充
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080730/shmcd.htm
【7月2日】ユニバーサルミュージック、高音質CD「SHM-CD」を他社へも開放
−年内に邦楽へも導入。「業界標準を目指す」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080702/umusic.htm

( 2008年11月5日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.