◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ソニー、16GBメモリ内蔵の小型AVCHDハンディカム
−内蔵16GB/16GB MS付属。80GB HDDモデルも


HDR-CX120
2月20日発売

標準価格:オープンプライス


 ソニーは、16GBのフラッシュメモリを内蔵し、さらに16GBのメモリースティック PRO Duoを同梱するコンパクトなハイビジョンビデオカメラ「HDR-CX120」を2月20日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は10万円前後の見込み。

 また、80GB HDDを搭載したハイビジョン対応HDD録画モデル「HDR-XR100」も同日に発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は同じく10万円前後の見込み。


■ HDR-CX120

 コンパクトかつスタイリッシュなボディデザインが特徴の、16GBフラッシュメモリ記録型ハイビジョンカメラ。ブラック、レッド、シルバーの3色のカラーバリエーションを備えている。

ブラック レッド シルバー

 撮像素子は1/5型のCMOSセンサー「Exmor」で、同日発表された「HDR-XR520V/XR500V」に採用した裏面照射の「Exmor R」とは異なる、従来と同じ表面照射型。400万画素の静止画記録が可能なほか、動画撮影中に230万画素の静止画同時記録も可能。本体で動画から210万画素の静止画を切り出すこともできる。

 映像処理エンジンはBIONZを採用。録画モードは「FH」(1,920×1,080ドット/16Mbps)、「HQ」(9Mbps/1,440×1,080ドット)、「SP」(7Mbps/1,440×1,080ドット)、「LP」(5Mbps/1,440×1,080ドット)で、内蔵メモリだけでなく、メモリースティックPRO Duoにも録画できる。音声2ch録音でズーム連動機能をサポートする。

 レンズはカールツァイスのVario Tessarで、光学10倍ズーム(F1.8〜2.2)、35mm換算時の焦点距離は42〜497mm。フィルタ径は30mm。電子式手ブレ補正機能を備えている。

HDR-CX120

レンズ径は30mm 2.7型のクリアフォト液晶を搭載 背面

 顔検出機能を備え、動画や静止画撮影時に使用可能。動画撮影時に笑顔を認識し、同時に230万画素相当の静止画を記録する「スマイルシャッター」機能も備えている。さらに、逆光補正機能も向上。顔検出機能と組み合わせ、逆光時に被写体の人物の顔がよく見えるように補正するのは従来通りだが、その精度やスピードが向上。黒つぶれや白トビにも強くなったという。

 液晶モニタは2.7型/21.1万画素のクリアフォト液晶で、タッチパネルタイプ。液晶パネルを開くとすぐに起動し、閉じると電源OFFとなるため、電源の切り忘れや無駄撮りを防げるとする

 出力端子としてHDMIミニとAVリモート端子を装備。D端子ケーブルやAVケーブル、USBケーブルが付属する。HDMIリンク機能「ブラビアリンク」にも対応している。x.v.Colorにも対応する。

 リチウムイオンバッテリ「NP-FH50」が付属し、連続撮影時間は約1時間30分。外形寸法は55×107×60mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約280gで、撮影時重量は330g。

 PC用の動画閲覧/管理ソフトとして「Picture Motion Browser」を同梱。後日公開される無償のアドオンソフトをインストールすることで、撮影した動画をBD-R/REメディアに書き出せる。さらに、フレームやBGM、文字、効果などを加えてネットワークサービス「eDeco」に手軽にアップロードできるという。ほかにも、Windwos VistaのHD再生支援に対応したグラフィックカードと組み合わせることで、HD動画再生時のCPU負荷率を低減している。


■ HDR-XR100

 80GB HDDを搭載したハイビジョンビデオカメラ。撮像素子はHDR-CX120と同じ、1/5型CMOSセンサー「Exmor」を採用。BIONZも備えている。400万画素の静止画記録が可能なほか、動画撮影中に230万画素の静止画同時記録も可能。本体で動画から210万画素の静止画を切り出すこともできる。メモリースティックへの動画記録もサポートする。

 主な仕様はCX120と同じ。レンズはカールツァイスのVario Tessarで、光学10倍ズーム(F1.8〜2.2)、35mm換算時の焦点距離は42〜497mm。電子式手ブレ補正機能を備えている。逆光補正機能を向上させ、顔検出機能やスマイルシャッターも利用可能。液晶モニタは2.7型のクリアフォト液晶で、タッチパネルタイプ。クイックスタートアップ機能も備えている。

HDR-XR100

 出力端子としてHDMIミニとAVリモート端子を装備。D端子ケーブルやAVケーブル、USBケーブルが付属する。HDMIリンク機能「ブラビアリンク」にも対応している。

 リチウムイオンバッテリ「NP-FH60」が付属し、連続撮影時間は約1時間45分。外形寸法は69×118×68mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約330gで、撮影時重量は380g。PC用の動画閲覧/管理ソフトとして「Picture Motion Browser」を同梱する。

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200901/09-0115B/
□関連記事
【1月15日】ソニー、感度約2倍でGPS/地図内蔵のHDDビデオカメラ
−240/120GB。手ブレ補正強化。ボケ味なめらか
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090115/sony1.htm
【1月8日】【CES】【EZ】ソニー、年明けからハンディカムは独走態勢
〜 プレスカンファレンスで発表された13+2モデル 〜
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090108/zooma390.htm

(2009年1月15日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.