◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
インターネット、「ニコニコムービーメーカー」有料版を発売
−ニコ動公式ソフト。動画が利用可能になりH.264で投稿


パッケージ
2月20日発売

標準価格:7,875円〜11,550円


 株式会社インターネットは、ニコニコ動画公式ムービー作成ツール「ニコニコムービーメーカー」の有料版「ニコニコムービーメーカー(動画)」を2月20日に発売する。価格はパッケージ版が11,550円、ダウンロード版が7,875円。なお、パッケージ版には発売記念キャンペーンとして、サウンド素材を追加し、価格を下げた9,240円のパッケージも1,000本限定で用意。対応OSはWindows XP/Vista。

種類 製品名 内容 価格
パッケージ版 ニコニコムービーメーカー(動画)
 発売記念キャンペーン版
 (※1,000本限定)
ソフト本体
約170種類のサウンド素材
インストール&
簡単操作ガイド(冊子)
マニュアル(PDF)
9,240円
ニコニコムービーメーカー(動画)
(※キャンペーン版出荷終了後発売)
ソフト本体
インストール&
簡単操作ガイド(冊子)
マニュアル(PDF)
11,550円
ダウンロード版 ニコニコムービーメーカー(動画)
 [ダウンロード版]
ソフト本体
インストール&
簡単操作ガイド(PDF)
マニュアル(PDF)
7,875円

 インターネットは2008年3月から、専用動画生成ツール「ニコニコムービーメーカー」の無償配布を行なっているが、素材として静止画やテキスト、音声しか利用できず、動画素材は扱えなかった。今回の有料版では動画が扱え、PCのキャプチャデバイスからの動画キャプチャにも対応。2つの映像トラック、256の音声トラックが利用でき、映像/音声エフェクトを多数収めている。作成後の動画を簡単な操作でニコニコ動画に投稿できるのも特徴。

画面イメージ

 また、無料版は作成した動画をswfファイルでニコニコ動画へ投稿していたが、有料版はMPEG-4 AVC/H.264のmp4ファイルでアップロードが可能。より高画質な動画を投稿できるという。ただし、静止画だけで作成した作品はswf形式でアップロードされる。

 素材として使える動画は、AVI、MPEG-1/2/4、WMV、ASF、Flash Videos、3GPP、3GPP2。静止画はBMP、JPEG。音声はWAV、MP3、m4a、WMAが利用可能。

 WMV形式の動画ファイルとして書き出すことも可能になったほか、拡張子nmmのプロジェクトファイルとしても保存可能。音声仕様やビットレートなどの設定、タイトル/説明文などは、ニコニコ動画の登録フォームに合わせた設定ができる。

 シンプルなUIを採用し、3ステップで動画作成が可能。映像エフェクトは30種類以上、トランジションは140種類以上のテンプレートを用意。効果の調整やオリジナルテンプレート作成も可能。音声エフェクトは19種類で、ミキサーも装備する。作成中の動画を再生し、随時確認しながら編集作業が行なえるほか、指定範囲をループ再生させながらデータ修正することもできる。

□インターネットのホームページ
http://www.ssw.co.jp/
□製品情報
http://www.ssw.co.jp/products/nmm/index.html
□関連記事
【2008年3月5日】「ニコニコ動画」がSP1にリニューアル。H.264対応
−専用の“動かない動画”作成ソフトも提供開始
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080305/nico.htm

(2009年1月22日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.