ニュース

DALI、ZENSORやOPTICONシリーズとマッチするアクティブサブウーファ

 ディーアンドエムホールディングスは、DALIのアクティブサブウーファ「SUB-E9F」と「SUB-E12F」を11月下旬に発売する。価格は、23cm径ユニット搭載の「SUB-E9F」が67,000円、30cm径の「SUB-E12F」が89,000円。カラーはどちらもブラックアッシュ。

DALIのアクティブサブウーファ「SUB-E9F」

 「SUB-E9F」はZENSORシリーズとの組み合わせを、「SUB-E12F」は、昨年末リリースのOPTICONとの組み合わせに最適というサブウーファ。

ZENSORシリーズとの組み合わせイメージ
OPTICONシリーズとの組み合わせイメージ

 どちらも220WのクラスDアンプを搭載。ユニットはロングストロークタイプで、SUBE9Fは23cm、SUBE12Fは30cm径。アルミニウム製で、「スピードとコントロールの両方でエアーの流れを最適化する」という。

 フロントバッフルにはグロス塗装を施し、高級感を演出。ZENSOR、OPTICONとのデザインの統一性も図っている。SUBE12Fは、M6サイズのスパイクフットとサランネットを同梱する。

230mm径ユニット搭載の「SUB-E12F」

 再生周波数特性は、SUBE9Fが37~200Hz、SUBE12Fが28~190Hz。クロスオーバー周波数はSUBE9Fが37~200Hz、SUBE12Fが40~120Hz。外形寸法と重量は、SUBE9Fが298×311×307mm(幅×奥行き×高さ)で11kg、SUBE12Fが340×380×370mm(同)で、14.7kg。

 オプションでSUBE9F向けに、サランネットも用意する。価格はオープンで、店頭予想価格は3,500円前後。