◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ビクター、Adobe RGB対応の42型液晶ディスプレイ

−新ブランド「XIVIEW」。家庭用モデルも。実売35万円


GD-42X1

7月上旬発売

標準価格:オープンプライス


 日本ビクター株式会社は、Adobe RGB対応の液晶ディスプレイを7月上旬より発売する。民生市場向けの「LT-42WX70」と業務用の「GD-42X1」が用意され、価格はともにオープンプライス。店頭予想価格は35万円前後の見込み。

LT-42WX70

 sRGBの色空間を100%カバーし、Adobe RGBカバー率も96%という広色度域表示が可能な液晶ディスプレイ。民生用と業務用の違いは、画質モードで、民生モデルでは、家庭用Standard/明るい環境/映画観賞/モニター画質/デジタル一眼レフ写真/ゲームの6モードを用意。業務用ではデジタルサイネージ/監視用(HD)/監視用(SD)/デジタル一眼レフ写真/医療参照/モニター用の6モードを備えている。また、業務用のみ、外部パソコンを利用したハードウェアキャリブレーション機能を装備し、色温度、階調設定が可能としている。

 そのほかの主な仕様は共通で、42型/1,920×1,080ドットパネルを採用し、倍速駆動にも対応。コントラストは4,000:1、輝度は450cd/m2、視野角は上下/左右178度。応答速度は5.5ms。

 各色12bit処理を行なう独自の高画質エンジン「GENESSAプレミアム」を搭載。ノイズをリアルタイムに検出して効果的に低減する「i-Clear Motion NR」や、画像の色分布を分析してリアルな色彩表現や立体感の向上を図る「Real Color Creation」などの機能を備えている。

 また、52項目の画質調節機能を装備し、色彩や色調、ガンマなど、入力ソースや再生機器にあわせた調整が可能。入力端子はHDMI×3(CEC対応)、D-Sub15ピン×2(コンポーネント/コンポジット共用×1、アナログRGB×1)、アナログ音声×1(ステレオミニ)。出力10W×2chのスピーカーが付属する。

XIVIEWブランドで展開

 400×200mmのVESAマウントに対応。消費電力は175W(待機時0.4W)。外形寸法は990×42.5×599.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は12kg(本体のみ)/19kg(スタンド/スピーカー含む)。

 同社では8日発表の薄型液晶ディスプレイ「GD-32X1」や今回の新製品などを、薄型/高画質に特化したモニターシリーズ「XIVIEW(サイビュー)」としてブランド展開していく。



(2009年 6月 15日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.