◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

パイオニアとシャープ、光ディスク事業で合弁契約

−10月事業開始。レコーダ/プレーヤー開発部門も集約


6月25日発表


 パイオニア株式会社とシャープ株式会社は25日、光ディスク事業に関する合弁会社について合弁契約を締結した。両社は4月9日に合弁会社設立に向けて準備を進めることを発表していた。

 新会社では、両社が保有する光ディスクに関する経営リソースを有効活用し、Blu-ray Discを中心とした光ディスク市場における事業拡大を図ることを目的としている。具体的には、ドライブなどのコンポーネントのほか、レコーダやプレーヤーなどの製品についても、開発、設計、製造、販売部門を集約。新会社で開発/製造したプレーヤーなどの製品を、パイオニア、シャープの両ブランドで展開する。

 合弁会社の社名は、パイオニアデジタルデザインアンドマニュファクチャリング株式会社。資本金は60億円を予定(資本準備金含む)しており、出資比率はパイオニアが66%、シャープが34%。

 事業開始日は2009年10月1日を予定しており、従業員数は約450名。代表取締役社長には、現パイオニア ホームエンタテインメントビジネスグループ コンポーネンツ事業部長の栗原俊彦氏が就任する。所在地はパイオニア川崎事業所内で、2009年10月1日から2010年3月31日までの6カ月間の売上見通しは約380億円。


(2009年 6月 25日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.