◇ 最新ニュース ◇

2014年12月18日

2014年12月17日

2014年12月16日

【Watch記事検索】

三菱、BDレコーダ「REAL ブルーレイ」3機種

−超解像機能搭載。1TBモデルで実売18万円


左から1TBの「BZ330」、500GBの「BZ230」。8月から発売している320GBのBZ130

10月1日より順次発売

標準価格:オープンプライス

 三菱電機株式会社は、Blu-ray Discレコーダ「REAL ブルーレイ」シリーズの新製品として、1TB HDDを搭載した「DVR-BZ330」と500GB HDDの「DVR-BZ230」、320GB HDDとVHSデッキも備えた3 in 1モデル「DVR-BV530」の3機種を発売する。

 価格は全てオープンプライス。発売日と店頭予想価格は、BZ330が18万円前後で10月1日、BZ230が14万円前後で10月1日。BV530は12万円前後で10月21日発売。

品番 HDD容量 仕様 店頭予想価格 発売日
DVR-BZ330 1TB HDD+BD/DVD
超解像機能
アクトビラ対応
i.LINK(TS)端子
18万円前後 10月1日
DVR-BZ230 500GB HDD+BD/DVD
i.LINK(TS)端子
14万円前後
DVR-BV530 320GB HDD+BD/DVD+VHS 12万円前後 10月21日

DVR-BZ330
 8月から発売している320GB HDD搭載「DVR-BZ130」(実売12万円前後)と主な機能は共通しているが、新たに「BZ330」と「BZ230」ではi.LINK(TS)端子を追加。CATVのSTBからの録画にも対応する。SDカードスロットとUSB端子も備え、デジタルカメラの画像やAVCHDカメラの映像をHDDにダビングする事もできる。

 さらに、1TBの上位モデル「BZ330」のみ、超解像機能「DIAMOND HD」を搭載。独自の画像処理アルゴリズムを用いて、入力映像のぼやけ成分を解析し、「元の映像には存在しない高解像度の情報を推定して補正する」というもので、解像度の低い人の顔などの映像でも、ディティールまで鮮明に再生できるという。

 「ノーマル」と「シネマ」の画質モードに加え、ユーザーカスタマイズモードも3種類用意。エンハンサの効き具合などを調整できる。なお、超解像機能はHDMI接続で、テレビ側がプログレッシブで受ける状態でないと利用できない。

 また、「BZ330」は「アクトビラ ベーシック/ビデオ/ビデオ・フル」にも対応。ダウンロードコンテンツをBD/DVDへダビングする事もできる。

超解像機能にはユーザーカスタマイズモード エンハンサなどの効果を調整できる 最上位モデルはアクトビラ ベーシック/ビデオ/ビデオ・フルに対応

 VHSを備えた3 in 1の「BV530」は、VHSテープからHDD/BD/DVDへのダビングに対応。VHSテープへの直接録画には対応していない。

DVR-BZ230 DVR-BV530

かんたん操作を実現したリモコンを同梱する
よく使うボタンだけを表面に配した
 全機種に共通する特徴は、よく使うボタンだけを表面に配置し、使用頻度が少ないボタンについては、上部/下部のフラップの下に配置した二重構造のリモコンを採用したこと。使用頻度の多いボタンを「予約する(番組表)」、「見る」など、直感的に分かりやすいボタン名で搭載するほか、配置も近接させ、シンプルな操作体系を実現。従来4ステップかかっていた予約録画が、EPGから予約決定の、2ステップで完了する。

 地上/BS/110度CSデジタルダブルチューナと地上アナログチューナを搭載。デジタル放送の2番組同時録画も可能。HD画質の記録モードとして、デジタル放送をMPEG-2 TSのまま録画できる「DR」と、AVC記録のAF/AN/AEを用意。AEモードでは5.5倍の長時間録画ができる。

 BD-Rは最大6倍速、BD-REは2倍速ディスクに対応する。DVD-R/RW記録にも対応し、HDDに録画した番組を、AVCモードでHD解像度のままDVD-R/RWにダビングできるAVCRECも可能。また、SD解像度/MPEG-2の記録モードとしてXP/SP/LP/EPモードも用意している。


 CMを含んだ番組をHDDに録画して再生する際に、本編、もしくはCMのみを順次再生できる「オートカットi」も搭載。2番組録画時にもオートカットiを利用可能で、番組/CM部分だけをBDやDVDにダビングできる。スポーツ番組の盛り上がりシーンだけを連続再生する「見どころ再生(スポーツ)」や音楽番組用の「見どころ再生(音楽)」も用意。番組をCM部などで7分割して、見たいシーンを容易に検索できる「シーン検索」機能も使用可能。

 EPGは最大19ch/12時間表示が可能。ユーザーの好みにあわせて自動録画する「おすすめ自動録画」機能も備えている。SDメモリーカードとUSB端子を用意し、写真やAVCHDビデオ映像のHDDダビングに使用可能。

 同社製液晶テレビ「REAL」とのHDMI連携機能「REALINK」も装備。視聴中番組の一発録画機能や、テレビのEPGからレコーダの予約内容を確認できる「録画予約状況確認」、レコーダのHDD残量などのメッセージをテレビ画面に表示する「レコーダーの状態お知らせ」機能なども備えている。HDMI出力端子は各機種1系統で、24p出力やDeep Colorにも対応する。

 
モデル名 DVR-BZ330 DVR-BZ230 DVR-BV530
HDD容量 1TB 500GB 320GB
HDMI 1系統
入力端子 S映像×1
コンポジット×1
アナログ音声×1
コンポジット×1
アナログ音声×1
S映像×1
コンポジット×1
アナログ音声×1
出力端子 D4×1
S映像×1
コンポジット×1
アナログ音声×1
光デジタル音声×1
D4×1
コンポジット×1
アナログ音声×1
光デジタル音声×1
D4×1
S映像×1
コンポジット×1
アナログ音声×1
光デジタル音声×1
その他 Ethernet×1
i.LINK(TS)×1
i.LINK(TS)×1
消費電力 約36W 約33W 約46W
待機時
消費電力
(表示部点灯時)
約1.7W 約1.7W 約2.3W
待機時
消費電力
(高速起動設定時)
約9.5W 約10.9W 約17.3W
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
430×314×58mm 435×388×99.5mm
重量 約4.5kg 約4.4kg 約6.6kg


(2009年 8月 19日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2014 Impress Corporation. All rights reserved.