◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、“繋がる”製品群を年末商戦で積極展開

−セット販売やアクセサリを強化。3Dの国内初デモも


会期:9月9日〜11日まで


 ソニーは9日、特約店や報道陣に向けて、新商品を紹介する「ディーラーコンベンション 2009」を開催。年末商戦に向けた販売戦略などを紹介した。なお、同イベントは特約店などの招待客のみ参加可能となっている。

ソニーマーケティング 栗田伸樹社長

 ソニーマーケティング株式会社の栗田伸樹社長は、2008年度の年末商戦を振り返り、「リーマンショック以降、北京五輪で好調だった前半戦から一転し、前年割れの環境に陥った」という。

 しかし、2009年度は回復傾向で、「エコポイント事業により、テレビを中心にAV市場全体が立ち直る兆しを見せているように思う。7月の薄型テレビ出荷ベースは、昨年の五輪商戦を上回り141%となっている。年末商戦に向けて回復への道を着実にするべく、先進技術による製品群と、それらがつながることで楽しめる、という両軸で年末商戦に取り組む」とした。

 液晶テレビ「BRAVIA」においては、4倍速ラインナップを訴求するほか、新プレミアムモデルの「BRAVIA ZX5」を導入。BDレコーダは簡単操作やお出かけ転送などを訴求、デジタルカメラ/デジタルビデオカメラは、裏面照射型CMOSの採用による“暗さに強い”という特性を前面に出して、アピールしていくという。また、「年末に向けてα、Nav-U、ウォークマン、VAIO、デジタルフォトフレームなどで続々と新製品を投入する。年末商戦に絶対の自信をもって臨みたい」と語った。

 年末の店頭でのアピール点としては、「テレビの2台目、パーソナル需要のためのセット提案を強化していく」という。レコーダとテレビのセット販売だけでなく、レコーダのDLNA機能を生かし、2台めのテレビではレコーダからネットワーク経由で録画番組を見る、といった提案、さらにはサラウンドヘッドフォンとのセット展開などを行なうという。

 また、アクセサリも強化。販売店と協力し、ヘッドフォン全製品を試聴可能とするなどの施策により、「前年比2倍のアクセサリの売り上げを目指す」とした。

2台目需要のためにDLNAなどを訴求する ネットワークを“繋げて”付加価値を訴求 アクセサリを強化
x-Rader Portable

 ソニーでは、2010年にソニー製品の90%をネットワーク対応とする方針を示しているが、粟田氏は、「大切なのは何ができるかという『コト軸』の提案」とし、ケータイからテレビに写真付きメールを送れる「<ブラビア>ポストカード」やソーシャルマッピングサービス「PetaMap」などの取り組みを紹介。

 PetaMap上の約40万件のお出かけスポット情報を、PSPで検索可能とする「x-Rader Portable」も発表された。GPS、もしくはPSP本体の無線LAN機能と無線LANで位置情報を取得する「PlaceEngine」を使って、現在位置を起点に半径300m/1km/3km以内のスポット情報を、レーダー型ユーザーインターフェイスで検索/表示可能とする。12月上旬よりPlayStation Storeで無料配信される予定で、9月24日から幕張メッセで開幕する「東京ゲームショー2009」にも出展する。

52型BRAVIAとPS3を使ったフルHD 3Dのデモ

 さらに、3Dへの取り組みを紹介し、映画製作から家庭内まで3D化を進めると言及。「ソニーが渾身の力を持って開拓する」と意気込みを語った。

 会場でも52型のBRAVIAとPlayStation 3を使い、映画やゲーム、ネイチャー映像の3Dデモを実施。いずれも、240Hz駆動し、フレームシーケンシャル方式による3D化を実現している。これらはドイツ ベルリンで開催されたIFAで展示されたものと同じで、国内でのデモは初という。また、CEATEC JAPAN 2009でも展示予定としている。


フレームシーケンシャル方式で、液晶シャッターメガネで視聴する 3D対応のデジタルシネマプロジェクタも

 最後に栗田社長は、ソニー創業者の盛田昭夫氏と井深大氏が手を組んだ写真を前に、新しいブランドメッセージ「make.believe」を紹介。「好奇心から創る夢が生まれる。創る力を信じれば夢は実現できる。商品に込められた思いを、お客様に伝えるのが我々の使命」とソニーマーケティングとしての意気込みを説明。「さらなるブランド力アップ、日本力強化で、ソニーの復活を可能としたい。世界に誇れる家電産業復活に向けて、全社一丸となって取り組んでいく」と訴えた。

盛田昭夫氏と井深大氏が手を組んだ写真を掲げ新ブランドメッセージを説明 新ブランドメッセージの「make.believe」を案内

 


■ “つながる”を演出するコンベンションの展示。未発表製品も

 今回のディーラーコンベンションのテーマは、「REAL TOUCH, REAL VALUE」。ソニー製品のセット提案や、“繋がる”機能を実際に体験できるような仕組みを導入している。また、ウォークマンをはじめとし、未発表製品も多数紹介されていた。

最新の薄型BRAVIA「52ZX5」も展示
有機ELテレビ「XEL-1」 ソニールームリンク(DLNA)をアピール 上田桃子で<ブラビア>ポストカードを説明
BDレコーダはスカパー! HD録画を訴求 ソニー製のスカパー! HDチューナ「DST-HD1」は10月にスカパー! HD録画に対応 スカパー! HDの番組表から、BDレコーダに録画予約
BDプレーヤーやシアタースピーカーのセット展開も訴求 BRAVIAの店頭展示例 薄型ノートPC「VAIO type X」も展示中
BRAVIAの背面に設置できる専用HDDレコーダ「BRX-A320」のセット展開も 未発表のウォークマンも展示中

(2009年 9月 9日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.