◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

三菱、実売198,000円のフルHD DLPプロジェクタ

−「LVP-HC3800」。720p製品からの買い替えを促す


11月20日発売

標準価格:オープンプライス


 三菱電機株式会社は、フルHD DLPプロジェクタ「LVP-HC3800」を11月20日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は198,000円前後の見込み。

 0.65型1,920×1,080ドットのフルHD DMDチップを搭載したDLPプロジェクタ。カラーホイールは6セグメント(RGBRGB)の4倍速。輝度は最大1,300ルーメンで、コントラスト比は 3,000:1。フル10bit処理のパネルドライバ「DDP3021」を採用し、グラデーション表現などの改善を図っているほか、12bit浮動小数点デジタルガンマ補正を搭載し、暗部階調表現能力を高めている。

LVP-HC3800 本体上部 ランプは上部から交換する
新開発のレンズを搭載

 レンズは新開発の光学1.5倍ズームで4群13枚のオールガラス構成。レンズアパーチャーも備えている。ランプ出力は230Wで、約5,000時間の利用が可能としている。駆動音は約25dB(ランプモード低)。

 ガンマモードは3パターンと2つのユーザーモードを装備。台形歪み補正機能などをも装備する。また、映画フィルムの24コマ/秒映像を、整数倍の48pで出力することで映画本来のスピードや動き、質感を忠実に再現するという「24pダイレクト出力」や、90〜100%まで1%単位でオーバースキャン率設定する機能も備えている。


レンズアパーチャーも備えている
背面

 LVP-HC900/910やLVP-HC3000/HC3100/HC1100など、同社DLPプロジェクタユーザーの買い替えを促すため、各製品と打ち込み角を揃えたほか、ベース金具(BR-2)部分を共通化。天吊り金具を流用して設置可能としている。

 入力端子はHDMI×1と、コンポーネント×1、コンポーネント/アナログRGB共用のD-Sub15ピン、S映像、コンポジットを装備。RS-232C端子も備えている。消費電力は330W(待機時0.5W)。外形寸法は345×270×129mm(幅×奥行き×高さ)、重量は3.5kg。自照式のリモコンが付属する。

側面 ランプ リモコン
天吊り金具 ベース金具のBR-2

(2009年 10月 14日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.