◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、500GB HDD搭載の録画対応「BRAVIA BX30H」

−22/26/32型を用意。“プラス2万円”で録画対応


「BRAVIA BX30H」シリーズ

6月10日発売

標準価格:オープンプライス


 ソニーは、同社初となるHDD内蔵の液晶テレビ「BRAVIA BX30H」シリーズを6月10日より発売する。

 32型の「KDL-32BX30H」と、26型の「KDL-26BX30H」、22型の「KDL-22BX30H」の3モデルをラインナップし、価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格は32型が10万円前後、26型が95,000円前後、22型が8万円前後。BRAVIAのエントリー機「EX300シリーズ」にプラス2万円で買える価格を目指したという。

KDL-32BX30H KDL-26BX30H KDL-22BX30H

KDL-32BX30HW

 初級者向けに、使いやすさに配慮したというHDDレコーダ搭載液晶テレビ。HDD容量は500GB。液晶パネルは32/26/22型とも1,366×768ドット。バックライトはCCFL。ボディカラーはホワイト(W)とブラック(B)を用意する

 映像処理回路にはブラビアエンジン3を搭載。演算処理能力を向上させ、よりきめ細やかな入力信号の解析とノイズ低減を実現。色の鮮やかさやコントラスト、鮮鋭感を向上させるなど、エントリー機ながら、画質にこだわったという。

 チューナは地上/BS/110度CSデジタルを各2系統と、地上アナログを1系統装備。視聴中に裏番組の録画が可能。録画機能は、シンプルでデジタル放送のMPEG-2 TSストリーム記録にのみ対応。MPEG-4 AVCへのエンコード/トランスコードには対応しない。また、地上アナログ放送の録画機能も備えていない。

 また、ユーザーインターフェイスもXMB(クロスメディアバー)ではなく、番組表や録画リストをリモコンの専用ボタンで呼び出すシンプルな操作体系を採用。「予約する」ボタン、「録画」ボタン、「見る」ボタン、「消去」ボタンといった、ダイレクトボタンを備えることで、操作がわかりやすいという。録画予約はEPGから任意の番組を選択するだけで完了する。

 なお、録画した番組をBlu-rayレコーダなどに書き出す機能は備えていない。これもシンプルな操作性を重視したためという。

メニュー画面 番組表 HDDの残量が画面に表示される

リモコン

 徹底的にシンプルさにこだわり、ソニー製レコーダとの連携機能「ブラビアリンク」には対応しない。これはブラビアリンク用にリンクメニューなどを用意すると、混乱する可能性があるため、あえて削除しているという。ただし、HDMI CECはサポートしているため、対応機器の電源連動などは可能。

 また、ネットワーク機能や、USB端子なども省略している。入力端子や外形寸法などの詳細は下表の通り。


型番 KDL-32BX30H KDL-26BX30H KDL-22BX30H
サイズ 32型 26型 22型
パネル解像度 1,366×768ドット
HDD容量 500GB
チューナ 地上/BS/110度CSデジタル×2
地上アナログ×1
スピーカー
最大出力
10W×2ch 3W×2ch
主な入出力端子 HDMI入力×3
PC入力(D-Sub 15ピン)×1
D4×1
光デジタル音声出力×1
消費電力
年間消費電力量
省エネ基準達成率
未定
重量
(スタンド含む場合)
9.9kg
(11.4kg)
7.6kg
(9.1kg)
5.8kg
(6.4kg)
外形寸法
(スタンド含む)
(幅×奥行×高さ)
800×220×532mm 672×220×459mm 571×215×398mm

(2010年 3月 9日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]