◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、3D対応「BRAVIA」を6月発売。「3Dシェア1位へ」

−「リビングに3Dを」。PS3はゲームから3D対応へ


6月10日より順次発売

標準価格:オープンプライス


KDL-46HX900。モノリシックデザインを採用

 ソニーは、3D対応の3シリーズ8モデルなどを含む、液晶テレビ「BRAVIA」の新製品を6月10日より順次発売する。

 3D対応モデルは、“3D標準対応”でメガネが2台付属する上位機「LX900シリーズ」4モデルと、LED+エリア駆動で最高画質を謳う「HX900シリーズ」2モデル、ステップアップモデルの「HX800シリーズ」2モデルの合計8モデルをラインナップする。


シリーズ
(特徴)
型番 サイズ 特徴 発売日 店頭予想価格
LX900
(3D標準対応)
KDL-60LX900 60型 3Dメガネ×2
LEDエッジライト
無線LAN内蔵
7月16日 58万円前後
KDL-52LX900 52型 43万円前後
KDL-46LX900 46型 6月10日 35万円前後
KDL-40LX900 40型 29万円前後
HX900
(最高画質)
KDL-52HX900 52型 メガネ別売
LED直下型
エリア駆動
7月16日 47万円前後
KDL-46HX900 46型 39万円前後
HX800
(3Dステップアップ機)
KDL-46HX800 46型 メガネ別売
LEDエッジライト
(エリア駆動)
28万円前後
KDL-40HX800 40型 22万円前後

LX900シリーズ NX800シリーズなど新モデルを多数用意 KDL-52HX900
KDL-55LX900で3D視聴 HX800シリーズ 3D対応の3シリーズ

  また、4倍速/240Hz対応のNX800シリーズや、CCFLバックライトで、エントリーゾーンからのステップアップモデルとなる「HX700」、さらにBRAVIA初のHDDレコーダ内蔵録画テレビ「BH30H」なども発売される。ラックシアター2機種や、フロントサラウンドシステム2機種も発売される。

シリーズ 型番 サイズ 仕様 発売日 店頭予想価格
NX800 KDL-46NX800 46型 LEDバックライト
1,920×1,080ドット
4倍速駆動
クリアブラックパネル
おき楽リモコン
無線LAN内蔵
4月30日 26万円後
KDL-40NX800 40型 20万円前後
HX700 KDL-46HX700 46型 CCFLバックライト
1,920×1,080ドット
4倍速駆動
クリアブラックパネル
おき楽リモコン
4月30日 25万円前後
KDL-40HX700 40型 19万円前後
BX30H KDL-32BX30H 32型 1,366×768ドット
500GB HDD
録画対応
4月30日 10万円前後
KDL-26BX30H 26型 95,000円前後
KDL-22BX30H 22型 8万円前後
タイプ 型番 適合TVサイズ 特徴 店頭予想価格
サウンドバー
+サブウーファ
HT-CT350 40〜46型 3Dパススルー対応
ARC対応
FM/AMチューナ
5万円前後
HT-CT150 32〜40型 3Dパススルー対応
ARC対応
4万円前後
ラックシステム RHT-G15 40〜60型 3Dパススルー対応
ARC対応
14万円前後
RHT-G11 32〜46型 10万円前後

 

KDL-46NX800 KDL-32BX30H 40〜60型対応のRHT-GH15

■ 3シリーズ/8モデルで3D対応。2D変換も

 LX900は40/46/52/60型の4モデルを、HX900は46/52型を、HX800は40/46型をラインナップし、3D対応モデルは合計8モデル展開となる(3Dモデルの詳報)。

 3D対応モデルはいずれも1,920×1,080ドットのフルHDパネルを採用し、240Hz/4倍速駆動の「モーションフロープロ240Hz」に対応。LEDバックライトとの組み合わせで、動画応答性能や3D品質の向上を図っている点も特徴で、最高画質機のHX900 は直下型LED+エリア駆動技術を採用。LX900とHX800はエッジライトLEDだが、HX800にはエリア駆動技術を搭載している。全モデル表面はグレア(光沢)仕上げで、LX900とHX900の2シリーズは「オプティコントラストパネル」を採用。HX800は「クリアブラックパネル」を採用している。

 「LX900」は、アクティブシャッター方式の3Dメガネが2個付属。テレビ本体に3D用トランスミッタを内蔵した3D標準対応モデルとなる。HX900/800は、背面に3Dシンクロ端子も装備。別売の3Dメガネ「TDG-BR100」(6月10日発売/実売12,000円)と、トランスミッタ「TMR-BR100(7月16日発売/実売5,000円)」を組み合わせて3D視聴に対応する。3Dメガネは、小型でカラーの異なる「TDG-BR50(ブルー)」、「TDG-BR50(ピンク)」も6月25日に発売される。実売はTDG-BR100と同じ12,000円。

 いずれも、3D対応プレーヤーやPlayStation 3などを組み合わせて、Blu-ray 3Dや3Dゲームに対応する。なお、今回発表されなかった3D対応のプレーヤーやレコーダについてソニーは、「この夏や秋にかけて順次発売する」(業務執行役員 SVP ホームエンターテインメント事業本部長 石田佳久氏)」と説明。また、「6月10日のLX900発売に合わせて、PlayStation 3をアップデートし、3D立体視ゲームタイトルも投入する」という。このPS3アップデートは、Blu-ray 3D(映画などのビデオコンテンツ)ではなく、ゲームの3D立体視対応のためのもの。

 リビングで3Dをテーマに、明るい場所での3D視聴のために、メガネに独自の技術を盛り込んだほか、同社がノウハウを蓄積してきた4倍速/240Hz駆動技術を活かし、液晶テレビで自然な3D映像を実現する。映像処理回路には「ブラビアエンジン3」を搭載し、画質の向上を図っている。

 さらに、2D-3D変換機能も内蔵し、Blu-ray 3Dや3D放送以外の通常の2D放送やビデオコンテンツも3D化して楽しむことができる。

 ボディデザインは、LX900/HX900で、一枚の板を立て掛けたような「モノリシックデザイン」を採用。前面にガラスなど透明な素材を配しながら、スピーカー部にアルミを採用するなど、異なる素材の組み合わせで上質感を演出している。

【3D BRAVIA 3シリーズの特徴】

シリーズ HX900 LX900 HX800
バックライト 直下型LED
(エリア駆動)
エッジ型LED エッジ型LED
(エリア駆動)
パネル オプティコントラスト オプティコントラスト クリアブラック
3D
3Dメガネ 別売 2個付属 別売
インテリジェント
画質回路
× ×
カメラセンサー - -
内蔵無線LAN - -

 



■ 「表に立って攻め」、3Dシェア1位を目指す。PS3も6月に3D立体視ゲーム対応

ソニーの石田ホームエンタテインメント事業本部長
 ソニー業務執行役員 SVP ホームエンタテインメント事業本部長の石田佳久氏は、「2010年ソニーは『3D』、『デザイン』、『ネットワーク強化』で、多様なライフスタイルに対応した製品を投入する」と切り出し、同社のテレビ戦略を説明した。

 3Dについては、「グループを挙げて取り組む」とし、テレビは6月のBRAVIA LX900の発売を皮切りに、3シリーズ8製品を投入。3D対応のブルーレイプレーヤー/レコーダは、夏から秋に発売するとした。また、「6月10日のLX900発売に合わせて、PlayStation 3をアップデートし、3D立体視ゲームタイトルも投入する」という。ゲームタイトルの詳細は決定次第順次告知するという。

 また、コンテンツの重要性も訴え、3D映像制作への取り組みとして、アメリカ カリフォルニアのソニーピクチャーズスタジオ内に、「3Dテクノロジーセンター」を設立したことを紹介。3D制作のノウハウの共有や人材育成を同センターでサポートしていく。3Dカメラや編集機材の提供も行なっており、映画アバターもソニー製カメラ「HDC-F950」が8台採用されたという。

2010年BRAVIAは、3D、デザイン、ネットワークを強化 BRAVIAだけでなく、VAIOやサイバーショット、BD、PS3で3D対応 3Dコンテンツ制作におけるソニーの取り組み

 

グローバルでモノリシックデザインを訴求する

 デザインについては、グローバルで共通な「モノリシックデザイン」をアピール。利用時には画面に没入でき、未使用時には自然にリビングに溶け込むという「オンオフコンシャス」、6度上方向に表示し、自然な視聴環境を実現する「6°Upward Style」、アルミとガラスの調和を図った「コントラストオブマテリアル」の3つのデザインコンセプトを、新しいソニーのテレビのあり方として紹介した。

 ネットワークについては「BRAVIA Internet Video」の世界展開として、日本でもネット映像配信を強化していく姿勢を示した。

 また2009年11月の経営方針説明会で紹介した、アプリ追加や新しい視聴スタイルなどを謳う「進化するテレビ」についても言及し、「近い将来、まったく新しい体験を届けることができるようになるだろう」と語った。ただし、具体的な内容や機能については言及していない。

ソニーマーケティング ディスプレイマーケティング部 粂川統括部長
 ソニーマーケティング ディスプレイマーケティング部 統括部長の粂川滋氏は、今回の新ラインナップを「リビングハイビジョン」と紹介。3D対応の3シリーズに加え、NX800シリーズもLEDバックライト採用モデルとなることから、「(ベーシックモデルとともに)LEDのラインナップが一気に拡大する」と語った。

 3D BRAVIAについては、従来培ってきた4倍速技術やLED、さらに“フリッカーレスメガネ”により「高画質な3Dをリビングの明るい環境下で実現できる」とアピール。ソニーのこれまでの高画質技術を結集した点を強調した。

 加えて、コンテンツも映画ソフト、ゲームなどを揃えて、「ハード/ソフトの両輪でビジネスを推進する」と言及。さらに、3Dモデルに搭載した2D-3D変換機能もアピールし、3Dボタンを押すだけで、2Dから3Dを疑似的に作り出す機能だが、「放送波だけでなく、外部入力にも対応しているため、ハンディカムやサイバーショットで撮影したパーソナルコンテンツを気軽に3D化できる」という点を訴えていくという。粂川統轄部長は、「3Dを普及のためには、魅力あるコンテンツ、コンテンツの幅の広さが重要。ひとつでも多くの3Dをこの機能で楽しんでほしい」と、2D-3D変換の意義を語った。

 また、同社の調査でも「3Dは体感することで、関心や共感が高まる」とし、3月13日より体感イベントを実施。東名阪だけでなく、札幌、仙台、船橋、越谷、さいたま、横浜、倉敷、広島、福岡など全国11カ所で街頭イベントを行なう。なお、銀座ソニービルでは3月10日から、ソニーストア大阪、名古屋でもブースを設置する。

 さらに、FIFAオフィシャルパートナーとなるソニー、VISA、日本コカコーラ、アディダスジャパンと協力し、6月19日にさいたまスーパーアリーナーで開催する、W杯「日本VSオランダ」戦のパブリックビューイングにおいて、3Dでの音楽ライブを実施することも発表。

 867型のLEDディスプレイを使い、試合中継前に3Dのワールドカップハイライト映像を紹介するほか、ハーフタイムや休憩時間に、AI、CHEMISTRY、FUNKY MONKEY BABYS、K'NAANらのアーティストのライブを実施。3Dで視聴可能にするもの。なお、試合(オランダ戦)そのものは2Dで放送する。同イベントは各オフィシャルパートナーのキャンペーンなどで応募可能となっている。定員は12,000名。

 

3D BRAVIAの特徴 全国11箇所で体験イベント

  画質については、パネル、画質回路、LED、モーションフロープロ240Hzの4つのテーマで、BRAVIAの魅力をアピール。さらに、LX900シリーズに搭載した「インテリジェント人感センサー」では、子供が画面に近づくと「アラーム」を鳴らしたり、視聴位置にあわせて最適な音場表現を実現するなど「省エネだけでない、使いやすさを訴えていきたい」とする。

3Dテレビシェア一位を目指す
 粂川氏は、「2010年はソニーにとって3D元年。テレビのみならず、他のハードウェアについても重要。他機器やグループ会社との連携によるコンテンツの拡充、3Dを体験できる場の提供を続け、3Dの販売シェアでナンバーワンを目指す」と意気込みを語った。

 3Dテレビの海外展開は、「全世界同時期に立ち上げる予定(石田氏)」。2010年度のテレビ年間販売目標については、現在検討中で、最終的な数字は決まっていないが、「私としては少なくとも2,500万台を目標にやっていきたい。そのうち3Dの比率は約10%」とした。

 韓国勢にテレビの市場シェアで後れを取っている点については、「現状はそのとおり。2009年度は我々にとって厳しい年で、構造改革や次世代の商品について議論してきた。2010年は表に立って攻めていきたい。先進国や新興国、それぞれに合った“戦っていける商品”に取り組む。また、“進化するテレビ”のようなものも導入し、皆さんの期待にこたえたい」(石田氏)とする。なお、有機ELについては、「大型化を目指して社内で開発を続けているが、現時点で発表できることはない」とした。また、「ユニークなデバイスを使ったディスプレイ」も開発中とする。

 また、「ハードウェアの売り切りだけでないビジネスモデル」の可能性について、石田氏は、「いままでのテレビは、テレビジョン(受像機)だったが、オンラインサービスも当然取り込んでいきたい。テレビに限らず、パソコン、携帯電話などでも重要になってくる。ハードウェアが(ソニーの)お家芸ではあるが、その差別化が難しくなる中では、ユーザーエクスペリエンスが重要になる。音楽や映画といったコンテンツだけでなく、クラウドサービスなども重要。これからはテレビの画面が、あらゆるコンテンツの窓口になる。ソニーのオンラインサービスの中にもそういった要素を取り込んでいきたい」と語る。

 Samsungやパナソニックから遅れての3D対応製品発売になるという点については、「コンテンツを意識して、6月10日という発売日にした。ワールドカップもあるが、PlayStation 3もアップデートにより、3Dゲームができる。そういう時期にあわせて発売日を設定している。我々としては“3カ月の遅れ”は大きなものとは考えていない」と説明した。


(2010年 3月 9日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]