◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

シャープ、UV2A+LED新搭載のBlu-ray内蔵「AQUOS DX3」

−8倍録画や省エネ化も実現。DTCP/DLNAにも対応


5月20日より順次発売

標準価格:オープンプライス


 シャープは、Blu-ray Discレコーダを内蔵した液晶テレビ「AQUOS DX」の第3世代モデル「AQUOS DX3」シリーズを5月20日より順次発売する。

 52/46/40/32/26型の5モデルをラインナップ。新たにUV2Aパネルを採用したほか、32〜50型まではLEDバックライトシステムを採用した「LED AQUOS」となり、コントラスト向上とともに、年間消費電力の大幅削減を実現した。

型番 サイズ 解像度 カラー 発売日 店頭予想価格
LC-52DX3 52型 1,920×1,080ドット ブラック 6月10日 40万円前後
LC-46DX3 46型 33万円前後
LC-40DX3 40型 ブラック
ホワイト
レッド
23万円前後
LC-32DX3 32型 1,366×768ドット 5月20日 16万円前後
LC-26DV7 26型 14万円前後
LC-52DX3-B LC-46DX3-B LC-40DX3-W

 地上/BS/110度デジタルチューナを2系統、地上アナログチューナを1系統装備し、BDレコーダを内蔵した液晶テレビで、Blu-rayレコーダ内蔵「AQUOS DXシリーズ」の新モデル。

LC-32DX3-R

 52/46/40型は、1,920×1,080ドットのフルHD液晶パネル、32/26型は1,366×768ドットパネルを採用。液晶パネルは、独自のUV2Aパネルで光の利用効率を大幅に向上し、コントラスト性能を向上している。

 さらに、26型以外の各モデルでは、LEDバックライトを採用。LEDバックライト制御をUV2A技術を組み合わせて、テレビコントラスト200万:1を実現するという。50/46/40型でBD/DVDソフトを再生した場合の「シネマコントラスト」は500万:1。

 映像エンジンとして、AQUOS高画質マスターエンジンを搭載。倍速駆動技術の「Wクリア倍速」と、LEDバックライトON/OFFで残像感を低減する「スキャン倍速」の組み合わせにより、動画再生性能を向上している。

 また、視聴する場所や番組に応じて、自動的に画質と音質を調整する「ぴったりセレクト」モードも搭載。テレビ内蔵の「好画質センサー」で、明るさと照明の色味を検出するほか、視聴している番組の種類や時間、映像シーンをリアルタイムで分析し、最適な画質/音質に調整する。

LC-46DX3-B。側面にスロットイン型のBDレコーダを装備する

 BDプレーヤー/レコーダを内蔵したことで、レコーダとの配線が不要になるほか、操作メニューなどをテレビのGUIに統合。一体化による使いやすさの向上を図っている。HDDは内蔵しておらず、録画機能はBlu-rayディスクへの直接録画となる。

 スロットイン式のドライブを側面に搭載。対応メディアはBD-R/R DLとBD-RE/RE DLで、DVDへの録画には非対応。TS録画を行なう「標準モード」に加え、MPEG-4 AVC/H.264へのトランスコード機能も搭載。新たに最長8.5倍の長時間録画が可能となった(従来のDX2シリーズは7倍録画)。

 スピーカーは32〜52型が10W×2ch、26型が5W×2chで1ビットデジタルアンプを内蔵。CMなどにおける急峻な音量変化を抑える「オートボリューム」を搭載している。

 ネットワーク機能は、新たにDTCP-IP/DLNAの動画/静止画/音楽データを再生できる「ホームネットワーク」に対応。別室のAQUOSブルーレイ(BD-HDW55/HDW53など)で録画したデジタル放送番組をネットワーク経由で再生できるほか、DLNAサーバー内の動画/静止画/音楽ファイル再生も可能となる。

 「アクトビラ ビデオ・フル」や、「ひかりTV」にも対応。ひかりTVは別途対応チューナを用意することなく、契約するだけで利用できる。AQUOS独自のインターネットサービス用プラットフォーム「Exシステム」により、「AQUOS.jp」や「Yahoo! JAPAN for AQUOS」、「DoTV デジ×マガ」などのサービスに対応。さらに、春から新たにWebフィルタリングサービスや、ブロードメディアのレンタルビデオサービス(4月23日ベータサービス開始)、凸版印刷によるカタログショッピングなどの新サービスに対応予定。

 52/46/40型はHDMIを3系統、32/26型は2系統装備しており、レコーダなどとの連携機能「AQUOSファミリンクII」にも対応する。ARC(オーディオリターンチャンネル)やHDMIコンテンツタイプ連動にも対応する。また、新たに携帯電話との連携も可能となり、HDMI接続した携帯電話から、動画や写真を出力できる。

 従来モデル比で約30%の消費電力向上を達成しており、全モデルが2010年グリーン家電エコポイント対象機種となる。

【主な仕様】
型番 LC-52DX3 LC-46DX3 LC-40DX3 LC-32DX3 LC-26DX3
サイズ 52V型 46V型 40V型 32V型 26V型
パネル
解像度
1,920×1,080ドット 1,366×768ドット
テレビ
コントラスト
200万:1 7,000:1
視野角 上下左右176度
スピーカー 6.5cm径×2 4×10cm×2
最大音声出力 10W×2ch
消費電力
(待機時)
178W
(0.1W)
162W
(0.1W)
138W
(0.1W)
99W
(0.1W)
97W
(0.1W)
年間消費電力量 169kWh/年 148kWh/年 128kWh/年 83kWh/年 82kWh/年
接続端子 HDMI入力×3
D5入力×2
S2映像入力×1
コンポジット入力×3
アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1
モニター出力×1
光デジタル音声出力×1
ヘッドフォン×1
i.LINK(TS入力)
Ethernet×2
(LAN用×1、BD-LIVE用×1)
RS-232C
HDMI入力×2
D5入力×2
S2映像入力×1
コンポジット入力×2
アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1
モニター出力×1
光デジタル音声出力×1
ヘッドフォン×1
Ethernet×2
(LAN用×1、BD-LIVE用×1)
RS-232C
外形寸法
(スタンド含む)
(幅×奥行き×高さ)
1,268×287×830mm 1,130×287×751mm 990×247×677mm 791×247×560mm 676×228×494mm
重量
(スタンド含む)
約30kg 約26kg 約21kg 約17kg 約13.5kg

(2010年 4月 20日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]